クリスマスローズ  Name : Y.U.  Material : 水彩色鉛筆・水彩紙
■本人のコメント
家の庭に沢山咲いていたので描いてみました。
■講師からのコメント
毎回描くのが早く、仕上がりも綺麗です。(講師:ほんじょうれいこ)





 
 無題  Name : ケイコ  Material :水彩色鉛筆・水彩紙
■本人からのコメント
とても綺麗に咲いていたので描きたくなりました。沢山描いてきましたが、今日の出来栄えはどうでしょうか・・・。
■講師からのコメント
難しい、正面からの構図ですがとても上手に、水仙らしさが描かれていると思います。(講師:ほんじょうれいこ)






 無題  Name : ミサ  Material :水彩色鉛筆・水彩紙
■本人からのコメント
ゴージャスに花の沢山付いているユリを描いてみました。花より葉の方が難しく感じました。
■講師からのコメント
いつも丁寧に上手に描かれている方です。今日は難しいユリでしたが、2時間で上手に描かれておりとても良い作品です。(講師:ほんじょうれいこ)






 バラの花  Name : 佐藤 啓子  Material :パステル・画用紙
■本人からのコメント
「窓から差し込む柔らかい光を受けて優しく輝くテーブルの上のバラの花」
幸せを感じる時をパステル画で表現しました。
■講師からのコメント
光と影をまず大切にしながら、それから色彩を意識してみてください。そうすると輝く表現がしやすいと思います。色彩からだと簡単そうで以外と難しく、形が歪みやすく光の表現が弱くなる場合もあります。怖がらずに影の色を思いきって塗ってみてください。(講師:笠原宏隆)






 課外授業  Name : 市橋 祥古  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
何となくユーモラスな兵隊さん、可愛らしい子供たちの表情を描きました。
ご指導頂いた窓が効果的に生きていると思います。
■講師からのコメント
まるで絵本の一コマこような暖かい作品が描けましたね。描きながら悩むよりも、描きながら楽しめるようになると、もっと市橋さんの気持ちが絵を観る人に伝わると思いますよ。良い絵ですので、自信をもって次も頑張って下さいね。(講師:笠原宏隆)






 家路へ Name : 市橋 祥古  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
建物は勿論、中央の看板が思いの外難しく、ご指導頂いてフランス旅行のスナップが思い出深い作品になりました。何気ない普通の雰囲気が気に入っています。
■講師からのコメント
右に上り坂の難しい構図でしたね。建物、看板のパースは頭で考え過ぎると視野が狭くなり狂いやすいので、必ず離れて見ることを常に心がけながら描いて下さい。古い石壁の家の感じが出ていて、思い出が伝わってきそうです。(講師:笠原宏隆)






 無題  Name :小谷 淳子  Material :パステル・画用紙
■本人からのコメント
沢山の小さな家を塗るのは大変な作業ではと、不安でしたが気軽に楽しく描くことが出来ました。このような風景画は初めてでしたが、遠近感を出す描き方など、ご指導頂きながら完成し、旅の想い出が蘇りました。
■講師からのコメント
遠近感がとても良く表情さらたいますね。 右の城壁がとても重厚感があって絵を引き立てていると思います。気になるところは、奥の建物の窓が少し見え過ぎなのと、一番手前の木の塗り残しの間隔が少し気になることくらですので、この調子で枚数を重ねて下さい(講師:笠原宏隆)






 お食事中の森のパンダ君  Name : 筒井 照子  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
動物を描くのは初トライでした。目を描くと表情が出てパンダらしくなりました。
■講師からのコメント
パンダの可愛らしい表情よく描けていますね。竹の美味しさが伝わってきます。毛でおおわれている動物などは、毛を描くよりも骨格をまず意識してみて下さい。骨格がパンダだと毛を一本一本描かなくてもパンダに見えてくますよ。 あと、背景もこれからの課題になってきますから、頑張りましょう。(講師:笠原宏隆)





 
 大涌谷  Name : 関口 正  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
色のにじみテクニック、谷のV字タッチでの描き方を学び、また、逆光の影部分の立体感お出し方を学びました。湯煙の湧き出ている情景を作るのに苦労しました。
■講師からのコメント
今回は、初めての逆光風景でしたね。影の色をしっかり暗い色調でぬって、光の部分をしっかり残すと今回のような風景制作では良い効果がでてきます。影の色は、灰色や水色などを上手く混ぜ、遠近をつける所で使い分けるのもポイントになってきます。写真の色に引っ張られないように次回の作品も影の色で遊んでみて下さい。 (講師:笠原宏隆)






 伊豆の灯台  Name : 筒井 照子 Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
灯台上部の立体感を出すのに苦労し時間がかかりました。全体に実物より「ポップ」に仕上がったと思います。
■講師からのコメント
とても細かい構造物でしたが、諦めず最後まで良くチャレンジしましたね。灯台の色はとても良いのですが、空の色がちょっと弱かったかもしれませんね。
最近、集中力がついてきているので、今度は、集中力のONとOFFを入れ換える意識をもって描いてみて下さい(講師:笠原宏隆)






 岳樺  Name : 筒井 照子  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
光と影の表現方法がまだまだでした。樹木が好きでこれからも四季折々の樹を描きたいですね。
■講師からのコメント
木しかない画題でしたので、色が単調になりやすかったですね。
全体的に緑に見えるところも青や紫などを使って変化をつけたりして演出してみて下さい。あと、筆を入れる手数や動きにも変化をつけると、これから一味変わった絵がかけますよ。(講師:笠原宏隆)






 駅  Name : 木村 和枝  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
行く帰る。日常の小さな旅だったりもする。
描くこともそれに似ているような気がします。
■講師からのコメント
日々、良く見かける些細な日常。そこに美的視点を向けて絵描くことはとても素晴らしいことだと思いますよ。絵になる場所より絵に描きたい場所は身近の環境にあるので、また良い日常を切り取ってみて下さい。楽しみにしています。(講師:笠原宏隆)





 
 麦畑じゃない!静物  Name : ももんが  Material :パステル・画用紙
■本人からのコメント
ゴッホの「鳥のいる麦畑」の配色を静物に置き換えて描いてみました。あんまりうまくいってません。
■講師からのコメント
何も言うことのない充実した作品です。作者だけの色味を感じ、独特な世界を表現されているところなど、プロ顔負けではないでしょうか?(講師:川越良昭)





 
 CAMUSとチェック布  Name : 矢壁 貞江  Material :透明水彩・水彩紙
■本人からのコメント
物を見る観察力を改めて学ぶ事が出来、また、透明水彩の奥深さも味わっています。
講師の親切な指導に楽しく通っています。
■講師からのコメント
チェック布の柔らかな表情とボトル部分の硬質な表情との対比がよく表現されている作品です。作者の確かな観察力と描写力を感じさせます。(講師:加藤丈史)