株式会社サクラクレパス for Business

ヘッダーナビゲーション

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
株式会社サクラクレパス

サクラの技術

筆記具・描画材容器

ラミネートチューブ、ポリチューブ、マーカー・サインペン容器(シングルおよびツイン)、様々なボール径のボールペン容器、筆ペン容器など多種多彩な容器群について、プラスチック成型・金属加工とも自社製造しています。容器へのインキ充填も行っています。
当社の筆記具・描画材容器のOEM供給や、お客様支給インキの充填など、ご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

チューブ類

当社は1995年に業界内で初めて絵具を鉛チューブからポリチューブ、ラミネートチューブへと切り替えました。

チューブ類

ボールペン

世界で初めて水性ボールペンと油性ボールペンの性質を兼ね備えたゲルインキボールペンを開発しました。世界初のインキに合わせたボールペン容器も新規開発したものです。

ボールペン

マーカー、サインペン

マーカー、サインペン

筆ペン

筆ペン

ページの先頭に戻る

微粒子分散・インキ製造技術

描画材料、筆記具、印刷インキの配合設計・工程設計で培われた界面化学分野の総合技術が当社のコア技術です。
微粒子分散加工やインキ製造に関するOEMや共同開発など、当社の持つ技術でお手伝いできる用途があればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

微粒子分散技術

水、有機溶剤、油脂、成型樹脂など多様な素材に対して、有機・無機顔料に代表される各種粉体を三本ロール、ビーズミル等の装置を用いて分散加工しています。
分散媒体の粘度と粉体の目標粒径から最適な分散装置・分散プロセスを選択しています。

印刷インキ分野では、エポキシ2液硬化系やUV硬化系など無溶剤インキの分散加工も行っています。

ピグマサインペン

世界で初めて超微粒子顔料インキを用いた水性マーカー、サインペンを開発しました。

ピグマサインペン

界面制御技術

染料、有機・無機顔料と機能性樹脂、界面活性剤を適切に組み合わせることで、紙・繊維等の吸収面だけでなくプラスチック、金属、セラミックス等の非吸収面など、多種多様な素材に対する定着性を持たせることができます。

一方で、いろいろな素材に定着するが、落としたいときには洗剤で落とせる、そのような利便性の高いインキも開発しました。

洗濯で落とせる墨汁、汚れを気にせずつかえるお絵かきシリーズ

衣服に着いたインキや墨汁を洗濯で洗い流すことができます。

水で落とせるクレヨンは、机、床にはみ出して描いてもぬれ雑巾でふきとることができます。

洗濯で落とせる墨汁、汚れを気にせずつかえるお絵かきシリーズ

レオロジー制御技術(ゲル化・ゲルインキ化技術)

絵具や印刷インキのレベリング性コントロール、溶剤系インキの固形化、当社が世界で初めて実用化した水性ゲルインキなど、幅広いレオロジー制御技術を駆使した配合設計を行っています。

ソリッドマーカー(固形ペンキ)
ソリッドマーカー(固形ペンキ)
ボールサイン

静止粘度と動粘度に大きな差がある水性ゲルインキは、高比重・大粒径のアルミフレークやガラスフレーク等の意匠性顔料を沈降させることなく、均一な分散系を維持することができます。

ボールサイン

色素応用技術

創業当初から長年培った調色技術は、色相・彩度と隠ぺい性・透明性のバランスを高度に融合させる必要がある当社のコア技術です。一般色だけでなく、蛍光色、メタリック色もあり、描画・筆記・印刷した塗膜のグロス(光沢)・マット(艶消し)、厚みなどのバリエーションも含めれば、色彩の表現は無限大です。

クレパス700色、ボールサイン)
クレパス700色、ボールサイン
ニューサクラカラープロ

長期間の美観を保つ特殊配合設計により、建築物外壁に描画可能な水性壁画絵具を実現しました。耐光性・耐水性はもちろん壁材への接着性も抜群な絵具です。

ニューサクラカラープロ
示温材料「TCカラー」

熱・光などのエネルギーや、滅菌・殺菌用ガスなど特定化合物に対して化学反応を起こして変色するユニークなインキも開発しました。

熱で変色する材料は一般に示温材料とよばれ、色相を決める染料と発色をコントロールする物質を直径数μmのマイクロカプセル化顔料に加工しています。特定温度を境に可逆に変色するのが特徴で、食品や飲料の適温を知らせたり、下絵を塗りつぶしておいて特定の温度で隠ぺい性がなくなり下絵が見える、など実用性とデザイン性の両方の付加価値を持たせる用途で使用されています。

示温材料「TCカラー」
滅菌インジケータ「ネスコスIC」(販売元 アルフレッサファーマ株式会社)

滅菌・殺菌ガスで変色するインキは、不可逆変化であるため記録管理に最適です。変色インキを印刷したカードはケミカルインジケータと呼ばれ、滅菌工程管理用に医療機関で広く使われています。

滅菌インジケータ「ネスコスIC」(販売元 アルフレッサファーマ株式会社)

マイクロカプセル化技術

示温材料「TCカラー」の製造技術を応用して、香料をマイクロカプセル化することが可能です。粒径数μmのマイクロカプセル化香料は、徐放性や、マイクロカプセルが壊れた際に強く香るなど、香料のコントロールリリースが可能となります。

水に不溶、または水溶性の低い物質であれば、マイクロカプセル化できる可能性があります。

マイクロカプセル化技術
  • 工業用電子カタログ
  • お問い合わせフォーム
  • サクラの技術
  • 工業用製品ラインナップ
  • ライセンス商品
  • お問い合わせ

電子カタログ

ページの先頭に戻る