株式会社サクラクレパス


薔薇のリース

薔薇のリース

作品名 薔薇のリース
作家 ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ
年代 バラの図譜(1817〜1824年)

ルドゥーテは、花と植物の絵を正確に、そして優雅に美しく描いた植物画家です。フランス王妃マリー・アントワネットや、ナポレオンの皇后ジョセフィーヌにも仕えた宮廷画家でもありました。ルドウーテが描いた花の絵は、細部まで正確に描かれているので、「大人の塗り絵」では一番人気の絵です。また、美しく鮮やかな色づかいがされているので、微妙な色合いのバリエーションが楽しめます。

「薔薇のリース」はルドゥーテの植物図鑑として有名な「バラ図譜」の口絵に使われた作品です。たくさんのバラの花が描かれているので、その数の多さに躊躇されるかも知れませんが、コツをつかんで塗っていけば、完成したときの達成感は他に替えがたいものがあります。クーピーペンシルは、何色塗り重ねても鮮やかな発色は変わらないので、美しいバラの花に微妙な色合いのバリエーションを描き出すことができます。