株式会社サクラクレパス


日傘をさす女性

作品名 日傘をさす女性(1886年)
作家 クロード・モネ
サイズ 131×88cm
所蔵 オルセー美術館

印象派を代表する画家のひとり、クロード・モネは「散歩、日傘をさす女性」(1875年作)、「日傘をさす女性(左向き)」と「日傘をさす女性(右向き)」(共に1886年作)と同じテーマで3点描いています。最初の作品は妻カミーユと長男ジャンがモデルになったものです。

モネの数多くの作品でモデルとなったカミーユは1879年に病死します。その十年後に、緑色のパラソルを持った白い女性という同じテーマで2枚の「日傘をさす女性」を描きますが、この2枚の作品のモデルとなったのはシュザンヌ・オシュデです。オシュデは、かつてモネのパトロンだったオシュデ家の三女で、その後シュザンヌの母アリスとモネは再婚しました。ちなみにアリスの次女ブランシュは、モネの長男ジャンと結婚しました。この「日傘をさす女性(左向き)」も油絵具で描かれた作品です。モネの素早い手の動きが多彩な光の効果を、大胆なタッチでとらえています。吹き抜ける風にゆらぐ草むらも、女性の白いドレスも、背後に広がる空も、ひとつとして静止しているものはなく、画面全体は軽やかなタッチで描き出されています。