株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • メールマガジン
  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口
サクラ定番商品イメージ

ボールサイン

「ボールサイン」はサクラクレパスが開発した世界最初の水性ゲルインキボールペンです。
ボールサイン画像1 ボールサイン画像2 ボールサイン画像3
書き味がよい

水性ゲルインキと油性インキ双方の特長を併せ持つゲルインキ、また、先端チップの工夫によって書き味がよいボールペンになっています。

鮮やかな色

絵具で培った技術を転用し、鮮やかな発色を実現しています。

優れた耐水性

色材に顔料を使用していますので、乾燥後、水に濡れてもにじみません。

耐光性

耐光性に優れた顔料を使用していますので、光によって筆記線が色褪せにくくなっています。(JIS規格合格)

耐薬性

酸やアルカリに強いインキですので、汗や油などがついても落ちにくくなっています。


開発までの道のり

水性ボールペンは、インキに粘りがなくサラサラのため、書き味がなめらかですが、中芯式のため、インキの残量がわかりません。油性ボールペンは、インキが水性インキの約1000 倍の粘り があるため、パイプに詰めることができ、インキ残量を見ることが出来ますが、書き味は重く手が疲れます。

この2つのインキの「いいとこどり」をしたインキを作ることができないか?この疑問が「水性ゲルインキボールペン」開発の端緒となりました。この開発には「水と油。この相反する性質を いかいにして融合させるか」という大きな課題をクリアする必要がありました。研究当初は失敗の連続で、目標とは逆の欠点ばかりのボールペンにしかなりませんでしたが、このような試行錯 誤を繰り返すうちに「静止状態では粘りのある寒天状態のものが、ボールの回転により撹拌されると粘りがなくなり水のようになるチキソトロピー性をインキ自体に持たせる」ことが、解決の 道ではないかと分かってきました。

そこで、寒天や卵、とろろ、コーヒーなど「どろっ」としていて、後で「さらっ」とする素材を何千種類も集め、ひとつひとつを試験していきました。その結果、インスタントスープなどに入 っている「とろみ」をつける食品添加剤である「キサンタンガム」が適していることがわかり、これをボールペンの素材にすることにより、水性インキと油性インキ双方の長所を持つ「水性ゲルインキ」の実用化に成功することができました。

1984 年、サクラクレパスは世界初の水性ゲルインキボールペンを発売。このボールペンが世界のボールペン市場に革命を起こし、現在、お店で見るボールペンの主流が水性ゲルインキボール ペンとなっています。

豆知識

「ゲルインキ」は、サクラクレパスが世界で初めて開発した独自の技術で作ったインキです。ゲルとは、静止状態では粘度が高く寒天状のものが、撹拌(かくはん)されると粘度が低くなり水 のようになるものを言います。整髪料のヘアジェル等はゲルの一例です。「ゲルインキ」とは、この性質を持つゲルを筆記具のインキにしたものです。これを利用した場合、インキタンクの中 では油性ボールペンのように高粘度状態で安定していて、筆記時にはペン先のボールの回転によりインキが撹拌されて水のようになるため、滑らかに書けるのです。

このようなゲルインキの性質によって、ボールサインは油性ボールペンと水性ボールペンの良さを併せ持つことができました。


ページの先頭に戻る