株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • メールマガジン
  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口
サクラ定番商品イメージ

マット水彩絵具

水彩絵具には「透明水彩絵具」と「不透明水彩絵具」、「マット水彩絵具(半透明水彩絵具)」の3種類あることをご存知でしたか。
透明水彩絵具
透明調の絵具です。画面の上で混色します。
塗りムラやかすれを生かした表現をします。
画面の上で混色
塗った色が透けて見えるので、透明感のある色合いになります。
色セロファンを重ねたように、別の色を塗り重ねると混色ができます。 たとえば、青を塗った上から赤色を塗り重ねると、二色が混ざり合った紫色の混色ができます。
高度な技術が必要
基本的には白色を使わないで、紙の地色を生かして彩色します。
また、最初に塗った色の上に、何色を塗り重ねると思うような色になるかをあらかじめ想定することが必要です。
混色で色がにごらない
混色はパレットの上でもできますが、画面の上での混色はより鮮やかで透明感ある色合いになります。画面の上で混色するので、塗り重ねを何回しても色がにごりません。
不透明水彩絵具
不透明調の絵具です。パレットで混色します。
平塗りで均一な彩色ができます。
塗りムラが出にくい
不透明なので塗りムラができにくく、大きな画面でも均一に塗れます。
どんどん塗れる
顔料が多いので、隣り合った色どうしが濡れていても、色が広がったり、にじみにくくなっています。
修正できる
被覆力があるので下に塗った色を覆い隠すため、失敗した場合には色を塗り重ねて修正ができます。
マット水彩絵具
マット水彩絵具 透明調にも不透明調にもできる絵具です。学童用に開発されました。

水加減で自在に表現
絵具を溶く水加減を調節して、多めの水で薄く溶くと透明水彩のように使えて、少なめの水で濃く溶くと不透明水彩のように使えます。
学校の授業に最適
薄く溶くと透明水彩のように「にじみ」や「かすれ」ができるので、風景、静物、人物などの写実的な表現に適しています。
濃く溶くと不透明水彩のようにムラなく均一に塗れるので、平面構成、ポスターなどのデザイン的な表現にも適しています。学校の授業に最適な絵具です。
修正できる
少なめの水で濃く溶いた絵具を塗り重ねると、失敗した個所の修正は簡単にできます。

マット水彩の歴史
さくらマット水彩

日本では昭和初期ころ、小学校の高学年向けに鉛チューブ入りの透明水彩絵具が商品化され、学校教育の現場で急速に広まりました。
しかし、透明水彩絵具は一度塗った色を最後まで生かした効果が特長であり、たとえば描き間違えると塗り重ねて修正することができなかったので、小学生にとってはあまり扱いやすい描画材料ではありませんでした。 また、自我に目覚める時期には他人との比較が気になり始める頃でもあり、こうした時期に高度な技術を要する描画材料と格闘させることは、絵ぎらいの子どもたちを増やす原因となっていました。
そのため、この時期に水彩絵具を使わせることは好ましくないという指導が定着していき、 小学校の低学年から中学年まではのびのび描けるクレヨン・クレパスを使わせ、高学年になってから初めて水彩絵具を使わせるという指導が行われていました。


クレパスマット水彩

とくに戦後の昭和20年以降は、学校教育においては子どもが自己の感じるままを自由に表現するために、使いやすい絵具が強く求められました。
そこで、発色を不透明化することによって、子どもが思う通りに描ける絵具が開発されました。それが1950年(昭和25)に開発された「さくらマット水彩」という半透明水彩絵具でした。
この半透明水彩絵具は、水を多くして薄く溶くと透明水彩絵具のように使えて、その反対に水を少なくして濃く溶くと不透明絵具のようにも使えるという特長を持っていました。 さらに、描きそこねた箇所は絵具を塗り重ねて直すことができるので、失敗をおそれずにのびのびと描けるという利点もありました。
以降、日本では学校教育の現場では半透明水彩絵具が使われるようになりました。


豆知識

19世紀初めに登場してくる最初の絵具チューブは真鍮製でした。真鍮製チューブは油絵具用で、水彩絵具はガラス製チューブにいれて1840年イギリスの絵具メーカーが売り出しました。

その後、錫製チューブ、アルミニウム製チューブを経て、1940年代には錫張り鉛チューブが発明されました。 この錫張り鉛チューブは、鉛が絵具のメディウムで腐食されるのを防ぐために内側に錫を張り、また鉛は黒ずんで美観が悪くなるので外側にも錫を張りました。

錫張り鉛チューブは油絵具・水彩絵具用に長らく使用され続けましたが、近年のように商品への安全性がより重要視される時代になると、 鉛の毒性が環境汚染につながることが社会問題となってきたため、サクラクレパスでは1995年、業界に先駆けてポリエチレン樹脂を使用したポリチューブに換えました。
さらに、同年のうちに絵具用のラミネートチューブを開発しました。ラミネートチューブは、アルミニウムをサンドイッチするように合成樹脂で多重にコーティングしたチューブです。

チューブの歴史
鉛チューブ ポリチューブ ラミネートチューブ

ページの先頭に戻る