株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • メールマガジン
  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口
ホーム矢印採用情報矢印"サクラクレパス"の営業

サクラクレパスの営業

取締役 営業本部長 兼東京支社長 芝 和孝
取締役 営業本部長 兼東京支社長 芝 和孝 「サクラクレパス」の名刺を使って仕事をするのが営業

サクラクレパスの営業とは、主に「ルートセールス」です。「ルート」とはサクラクレパスの製品を販売いただいている販路のことです。販路には、文具専門店や大型雑貨店に販売していただくルート、量販店、ホームセンター、通販に販売していただくルート、学校、幼稚園、保育園に販売いただくルート、官庁や民間会社に販売いただくルート、専門画材店に販売いただくルートなどがあります。それぞれのルートに代理店があり、そこからそれぞれのディラーを通して消費者にサクラ製品が届くようになっています。


「サクラクレパス」という社名はどう感じますか?古い、昔使って懐かしい、など色々感じられると思いますが知らないという人は多分いないと思います。その「サクラクレパス」の名刺を使って仕事をするのが営業です。

入社されれば、担当地区が決まります。その中のルートがあなたの担当です。営業の第一の使命は担当を任されたルート、エリアのサクラクレパスのシェアを上げることです。必ず担当する地区には前担当者がいます。その人から仕事は引き継ぎます。名刺をもってどこでも良いから売って来い!そんな事は絶対ありません。

担当する前にまずやっていただくことは、商品研修とマンツーマン研修です。自信を持って担当できるように研修します。それは最低限サクラクレパスのセールスとして必要なものを身に付けていただく為です。しかし、それは最低限の研修で、日々自己研鑽しなくては成長しません。ベテランになっても商品研修を続けます。研究所が開発して商品企画が作り上げた商品を的確に最大限に販売する為には商品知識はメーカーセールスの命だからです。

しかし代理店ルートが出来ていない地区・業種・業態もまだまだあります。それを市場から探しだしサクラ党の代理店に育てる。それも営業の醍醐味です。

サクラクレパスの営業は会社全体の夢や将来を背負っています

優秀なセールスと新人の人の違いはどこでしょう。まず商品知識の深さと経験です。担当してもらうエリアはもしかして「ルート」が弱くなっている所があるかもしれません。無いかも知れません。それはチャンスです。ルートを太くしたり、また新規で作れれば売上は大幅アップします。優秀なセールスはどこかの担当地区でそういう経験をしているのです。攻略のやり方は分っていても経験がないと動けないものです。

取締役 営業本部長 兼東京支社長 芝 和孝

我々が担当する代理店はたくさんのメーカーを扱う事で売上拡大をしています。当然ライバルメーカーもいます。営業は代理店だけに頼るのではなく、よりエンドユーザーに近い所を訪問しPRします。文具専門店、大型雑貨店ルートだけでなく、学校、幼稚園、保育園、会社、官庁も訪問します。そしてまず商品のPRをしますがそれだけではありません。どういう商品をたくさん使っているか、どういうものが欲しいのかそれを情報として持ち帰ります。そしてサクラ商品があれば再度PRしますし、必要ならば新製品として作ります。自社でなければ協力仕入先で生産して貰います。新製品が自分の提案で決まり売上が上がるのは、営業の醍醐味です。ぜひサクラクレパスで一緒に味わってみてください。


一人で学校や役所を訪問するのは最初は足がすくむものです。心配要りません、二人で訪問すれば良いのです。そして歴代の先輩が作ってくれた「強い名刺」があります。出来る事からまず経験する事です。営業の成功事例はオープンです。みんなが活用すればよいのです。頑張って訪問していれば必ずお客様からご褒美がもらえます。


しかし経験しなくてはノウハウは使えませんし成長もありません。「言葉より行動」それが会社のスタンスです。サクラクレパスの営業は会社全体の夢や将来を背負っています。研究室や商品企画は自分の思いを込めて商品を送り出してきます。内勤スタッフや工場の人も同じです。営業に思いを託してくれています。やりがいのある仕事です。


創立当時の商品とは現在扱っているものは大きく変わっています。みんなが変えてきたのです。それが会社の誇りです。古い会社と思われていたかも知れませんが、絶えず前へ向かっている会社です。現在も大きく市場は変化しています。この変化に対応しどんどん成長しないと会社全体で夢はみれません。その先頭を走るのが営業です。

  • 「小学生」が楽しむサクラ
  • 「中学生」が楽しむサクラ
  • 「大人」が楽しむサクラ
  • 「先生」のためのページ
  • 大人の塗り絵
  • まめ知識懸賞クイズコーナー
  • サクラアートミュージアム

サクラクレパス公式Facebookページ

SAKURA craft.lab


ページの先頭に戻る