猊鼻渓の冬  Name : 中村 仁  Material : 透明水彩
■本人のコメント
山及び木々の「冬らしさ」を出すことに苦労しました。
■講師からのコメント
綿密な描き込みとわざと「描かない」部分のバランスが良くとれた絵です。一見、水墨画と思わせるような渋い絵肌の中に最小限に入る青系の色がより寒さを感じさせてくれますね。水彩画のお手本のように良く出来た作品ですので、今後の制作のおりにもコレを描いた時の感覚を思い出しつつやってみましょう!(渡辺聡)





  ペンギンの王女  Name : 早瀬 幸子  Material : 油彩
■本人のコメント
金粉に苦労しました。ペンギンが可愛く描けました。
■講師からのコメント
皇帝ペンギンの物語を作って制作されたようなドラマ性が伝わってきます。いつも動物を愛情もって描かれるので完成がたのしみです。今回は金箔を使って上手くスケールを出されています。(大塚伸一)





  蓮の花  Name : バラの花束  Material : 水彩
■本人のコメント
ピンクが綺麗に出せました。蓮の花の清らかさ、花びらの膨らみを表現する事に苦労しました。
■講師からのコメント
平たい花びらでも僅かな膨らみや反りがあります。それらは花びらの立体感を表現するひとつのツールです。一本の線でも難しいことやその大切さをこの作品で感じられたことと思います。(佐々木淳一)





 銃口  Name : 八幡 佐起子  Material : パステル
■本人のコメント
靄の中から向けられた銃口が気に入っています。人物の描写が苦労しました。
■講師からのコメント
実にシンプルで且つ「ドキッ」とさせられる印象的な作品です。特に「銃口」のみに最終的に絞り込んで、広い空間をその緊張感がみごとに支配させています。やはり人体を霧で隠すまでに骨格や動きから逃げずに表現し、一気に「銃口」のみにポイントを絞ったことが成功しました。(弓手研平)





 シンピジューム  Name : 平口 民子  Material : 日本画
■本人のコメント
気軽に生けた一本のシンピジュームを見て、描きたいという気持ちが沸き起こりました。花びらの厚みとみずみずしさが苦労しました。
■講師からのコメント
日頃からやさしい優ししい絵を描く人です。それが意志の強い個性になっています。私はその「良さ」をこわさない様にご自分の思いまで筆を入れ重ねて仕上げていくのを見守っています。(皿谷能子)





 無題  Name : 船井移 津子  Material : パステル・木炭
■本人のコメント
全体的にばんやりしていたので、レースの部分に現実感を出して画面を引き締めました。
■講師からのコメント
”モナリザ”の圧倒的な先入観の中で、構図や調子を見事に船井さん独特の表現で作品性のある画面とにまとまっています。特にレース部分にメリハリを効かせたことで、全体の印象をうまく引きしめています。モデルさんを観ながら人物画としての魅力も引き出せ、これからの展開に大いに期待しています。(弓手研平)





 イル・ド・フランス&レユニオン  Name : 穂積 健一  Material : 水彩
■本人のコメント
建物と木のバランスが気に入っています。建物の重圧な感じを出そうと色が濃くなり、暗くなっていくのをどうシンプルに重厚感を出すかが難しかった。
■講師からのコメント
緻密な描写、深い色合い、いつもながらの作者の作品です。今回の作品は緻密な描写より全体の造形美(余白と着彩部分)の面白さではないでしょうか。(佐々木淳一)





 憧れに地  Name : 飯井 正子  Material : クレパス
■本人のコメント
人物が気に入っています。屋根に苦労しました。
■講師からのコメント
イギリスの風土が良く表現されています。遠近法も正しくとらえられてとても良いです。(田伏勉)





 玉葱  Name : 森田 宏  Material : 油彩
■本人のコメント
全体の色がきれいに出ました。玉葱の色が難しかったです。
■講師からのコメント
主題の玉ねぎがうまく描かれました。セザンヌ風の筆のタッチが良い。色彩が混ざらずそれぞれの色が生かされている。また質感も玉ねぎ、皿、布それぞれうまく表現されています。F8のサイズにほど良くおさまりました。(守谷史男)





 本当の気持ち  Name : 山本 恵美子  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
華やかな色彩が気に入っています。女の子の描写に苦労しました。
■講師からのコメント
デッサンと同時に進められた作品です。オリジナリティがあって良いと思います。キャンバスの外側への展開が楽しいです。(高橋雅史)





 石とスコップ  Name : 山本 啓子  Material : 鉛筆
■本人のコメント
金属の質感が出せたところが気に入っています。石の質感に苦労しました。
■講師からのコメント
人工物の構造がしっかりと理解さてれおり、多少の誤差があってもまっすぐに対象物に観察の眼が向けられているのが素晴らしいです。モチーフの美しさ、特徴を素直に学ぶことを大切にされているという点において、このデッサンは実に専門的な内容と言えます。(森井宏青)