ちょっと寄り道  Name : sue  Material : 水彩
■本人のコメント
雨上がりの感じが出せました。細かいので時間がかかりました。
■講師からのコメント
たのしい作品になりました!一言、sueさんの人がらがそのまま出ているような快作に仕上がりました。しばらくこの作品をながめてストーリーを想像しながら過ごしてみたくなるそんな水彩画です。(森井宏青)





  Castle  Name : 秋元 行雄  Material : 油彩
■本人のコメント
気に入っている点は城の意味合いがなんとか出せた事です。人物をどう表現するかを悩みました。
■講師からのコメント
重みのある筆使いで油彩らしい表現をされています。様々な素材の特徴を学ばれている所で、今が一番大切な時期ではないでしょうか。ご自身の楽しめる表現にとことん正直に沢山制作して下さい。この作品が今後の作風を決めるきっかけになるかもしれません。(森井宏青)





  冬の仕事  Name : 石井 きよ子  Material : クレパス
■本人のコメント
バックを自分で考えて描いたところが気に入っています。人物の仕草が苦労しました。
■講師からのコメント
少女の動きが感じられてとてもいい作品です。光の表現もすてきです。(田伏勉)





 Piero le Fou  Name : 岩田 文  Material : クレパス
■本人のコメント
他界した友達が蘇ったように表現できた。笑いの中に悲しみが秘めている所や音楽が聞こえてきそうなバックが苦労しました。
■講師からのコメント
この人物に思い出があると聞きました。若い頃の感じがよく出ています。ファッションに時代を感じます。絵画の持つ力はこんなところにもあるのですね。(田伏勉)





 恭子の靴  Name : 榊原 紀代美  Material : 油彩
■本人のコメント
靴の可愛らしさが気に入っていいます。この靴の持ち主の気持ちになって描くことを心がけました。
■講師からのコメント
愛情を感じる絵になりました。刺繍をあしらったかわいいバレーシューズに深い気持ちが込められている事が伝わってまいります。(大塚伸一)





 雪の蔵王  Name : 高田 潤子  Material : 水彩
■本人のコメント
山のお釜の部分が気に入ってる点でもあり苦労した所でもあります。
■講師からのコメント
雄大な風景を確実な技術で上手く仕上げられました。描く対象に好き嫌いを作らず丁寧に制作されることで、観る者に対しても安らぎを感じさせてくれる作品となりました。(森井宏青)





  プラハ・聖ピート大聖堂  Name : 中村 仁  Material : 水彩
■本人のコメント
壮麗な外観の素晴らしさを表現したかったがはたして…
■講師からのコメント
建物の大きさと荘厳さが良く表現されています。水彩ではなかなか出しにくい壁面の色合いもキレイに出ています。影の強さに少し難があるので、全体の「強弱」を意識していくのが今後の制作のポイントです。(渡辺聡)