foreigner  Name : sue  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
傘がひっくり返っている所が気に入っています。竹らしくするのに苦労しました。
■講師からのコメント
楽しい絵を描くということは難しいことですが、sueさんが描かれると何でも楽しい作品になります。この絵のもととなった情景は薄暗く明るい印象には表現しにくいものでしたが、人々や傘の表情など、ユーモアある快作に仕上げられました。(森井宏青)





  人形U  Name : 安部りょう子  Material : 木炭
■本人のコメント
可愛らしく描けました。衣装に苦労しました。
■講師からのコメント
木炭のみでのアンティークドールを服のガラまで丁寧に表現出来ています。様々なテクニックを使用し、習作というよりはひとつの「作品」として飾れるものが出来上がったのではないかと思います。(高橋雅史)






  黄色いコート  Name : 石井きよ子  Material : クレパス
■本人のコメント
全体の色彩が気に入っています。単純な構図なので新鮮な雰囲気を出すことが苦労しました。
■講師からのコメント
おしゃれな作品です。黄色とグレーの対比がとても美しいです。何かを見つめる女性の感じがよく出ています。(田伏勉)





  ほほえみ Name : 岩田文  Material : クレパス
■本人のコメント
柔和な表現が出来ました。優しさを出すことが苦労しました。
■講師からのコメント
人物の作品は感情が入りやすいですが、形はとても難しく苦労のあとが見られます。日常的なポーズはとてもいいです。(田伏勉)





 コッツウォルズ  Name : 大関眞佐子  Material : 油彩
■本人のコメント
難しいことを考えず、いつも楽しんで描いています。旅の想い出を懐かしみながら制作しました。
■講師からのコメント
何気ない川辺の風景ですが、光のコントラストが実に美しく、良く晴れた湿度の低い日である感じが伝わって来ます。物静かで穏やかな筆致が、そういう雰囲気を醸し出しているのだと思います。(河村雅文)

  瀬戸内の海  Name : 越智陽子  Material : クレパス
■本人のコメント
色の選択や色の重ねるところが苦労しましたが、長くかかったので達成感があります。
■講師からのコメント
明石の海を点描と言う技法で表現しています。とても美しい色彩で海の空気を感じます。(田伏勉)

  無題  Name : 國好秀典  Material : 透明水彩
■本人のコメント
筆に含ませる水と絵の具の調整にいつも苦労しています。
■講師からのコメント
尾羽根の伸びやかな線、鳥を抱えようとする緊張感のある梅の構成が、作品に動きとストーリー性のようなものが表現できて良いと思います。また石の絵具のおき方も質感がででいると思います。(佐々木淳一)

  驟雨  Name : 斎藤忠臣  Material : アクリル
■本人のコメント
「雨をどうするか」でモデリングペーストにくしでひっかく事で雨の雰囲気が良く出せました。雨の質感や湿った空気感の表現、モデルさんの体の表現に苦労しました。
■講師からのコメント
雨、水に濡れるという現象が、斉藤さんの空間表現に心地良い透明感をもたらせています。その透明に空間を意識することで、雨の線一本一本にも距離があり空気があることを再認識させ、人体の形をなぞるだけでない空間と量感を同時に手繰り寄せることに成功しています。「雨」がなくてもこの空間意識で制作していきましょう。(弓手研平)

  ロワールの館  Name : 清水智恵子  Material : クレパス
■本人のコメント
旅の思い出の場所です。馬が苦労しました。
■講師からのコメント
いつもながらの美しい楽しい作品です。透明な空気を感じます。雲の表現がいいですね。(田伏勉)

  ナーガ  Name : 中山ます江  Material : 油彩
■本人のコメント
気のおもむくままに描けました。色使いに苦労しました。
■講師からのコメント
実際に見て来られた遺跡の感動を素直に表現出来ていると思います。写真よりも強く感じる程の作品の圧力を感じます。(高橋雅史)

  夜景  Name : 藤田富美子  Material : クレパス
■本人のコメント
夜の美しさが気に入っています。夜景の美しい時間帯に絵を描くことが苦労しました。
■講師からのコメント
夜景は美しいですが描くのは難しいです。クレパス特有の性質を生かした技法でよく描けています。(田伏勉)

  雨の中  Name : 森川汀子  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
髪の毛にこだわりました。雨の表現に苦労しました。
■講師からのコメント
最近の森川さんの「髪シリーズ」の中で、特に生きた人間の生命力を感じる秀作です。水に濡れるという日常当たり前の生活感から、濡れた髪の重み、体温といった説得力のある質感をモデリングペースト等の素材の特性を活かしてバランス良く仕上がっています。人間の肌へもこの調子でより探求してみましょう。(弓手研平)

 花束  Name : 和田久美恵  Material : 油彩
■本人のコメント
ユーカリの葉の硬さが上手く表現出来ました。花びらの色の表現に苦労しました。
■講師からのコメント
画面のサイズは大きくありませんが、大変な力作になったと思います。微妙に異なる花の色や質感、また葉の表面の状態や厚みなどを非常に精緻に表現されました。生花の呼吸が伝わってきそうです。(河村雅文)