drifting  Name : misa  Material : アクリル
■本人のコメント
背景の色と先生にアドバイス頂いたグレージング効果が気に入っています。
■講師からのコメント
独自の絵画表現とその世界を発見し、作り上げてゆくための連作の一つです。具体的な風景にいかに絵画でしか出来ない表し方を実現するか、その答えの一つになっていると思います。(森井宏青)

 ひまわり  Name : M.S  Material : 色鉛筆
■本人のコメント
ヒマワリの特徴的な存在感の強さが、一本だけ描く事で良く出ました。ひまわりのそのものの印象に「キレイ!」といった感じを持っていないので苦労しました。
■講師からのコメント
ご自身もコメントされていますが「シンプルさ」が力強さやメッセージ性をよりきわだたせてくれていますね。深みを感じさせる背景の青、その周りに配色された色との組み合わせも見事です。ヒマワリ〜茎〜花瓶の軸線が動的なイメージを出しているのもポイントです!(渡辺聡)

 クレマチス  Name : Y.E  Material : 水彩
■本人のコメント
花の色がきれいに出ました。背景を下地をいかす塗り方にしたことが苦労しました。
■講師からのコメント
透明水彩を用いながら背景を不透明に表現された労作です。大変難しい明度バランスでしたが上手く調整されました。愛情を込めて描くことを忘れなければ必ず良い作品に出来るのがY.Eさんの持ち味です。(森井宏青)





  夏の少女  Name : yukko-san  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
帽子の中の顔が気に入っています。バックの色合いが苦労しました。
■講師からのコメント
健康的で清楚なモデルイメージを、背景の強い色調と赤い帽子の中に生まれる繊細な表情、特に影の中に心地良い奥行を感じる顔の色調、タッチは今回の作品を魅力的にしています。程良い荒さにyukko-sanの丁寧に紡ぎ重ねるタッチが合わさり、温かみのある密度を得ることに成功しています。この作品を土台に益々高みを求めましょう。(弓手研平)

 女の子達  Name : 池田 素子  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
大きい画面で気持ち良く描けました。モデルさんを人形のように描こうとしましたが、やはり人間ぽくなりました。
■講師からのコメント
大画面に池田さんの伸びのある心地良いストロークのタッチが最後まで生き生きと描けた作品です。あえて生きたモデルさんを人形と同化させようとした意図が、作品に不思議な虚の世界を創り、それが観る側に訴える力をもたらしていると思います。しかしやはり「人間っぽく」なったところが温かく魅力的でもあると感じます。(弓手研平)






  草原に生きる  Name : 石井 きよ子  Material : クレパス
■本人のコメント
構図を参考写真とは変えて制作したことが気に入っています。広々とした草原を小さな画面に表現することが苦労しました。
■講師からのコメント
遊牧民の生活感がよく出ています。構成がしっかりしていてとてもいい作品です。(田伏勉)





  ここはどこ? Name : 石田 和子  Material : 油彩
■本人のコメント
ドライフラワーと魚のコラボレーションが気に入っています。ドライフラワーが苦労しました。
■講師からのコメント
考えてみれば不自然なコラボですが、全く自然に見える素敵な爽やかな作品になりました。もののフォルムや流れを大切にしながらも、楽しみながら描かれている様子がうかがえるとてもいい絵になりました。(大塚伸一)





 メサイア  Name : 岩田 文  Material : クレパス
■本人のコメント
光の表現がうまくいきました。カンマーコール伊勢演奏会のチラシの為に制作したものです。キリストが受難し復活したというテーマを表現することに苦労しました。
■講師からのコメント
幻想的にキリストを表現しています。クレパスの持つ性質をよく生かしています。(田伏勉)

  茶畑  Name : 上田 繁  Material : 油彩
■本人のコメント
茶畑の動きのある線が面白く描けました。草原の描き方が難しかったです。
■講師からのコメント
何気ない田舎の風景の中に感動を覚えられ、テーマにされた感性の豊かさが優れています。平凡な対象からたくさんの魅力を見出され表現されました。構成や色使いに特に進歩がみられます。今後も豊かな感性とものを見る力を養い完成度の高い制作を期待しております。(才村啓)

 夏・二月堂  Name : 上田 亮一  Material : 日本画
■本人のコメント
二月堂そのものや奥行と空間の統一感が気に入っています。下地の色を上手く残しつつ描き上げる事や描きすぎない事に苦労しました。
■講師からのコメント
写生からの風景(実風景)ではなく、記憶からの風景による表現といったところがこの作品のテーマだと思います。現実の一歩手前で色やマチエールを押さえ気味に描いたところが、テーマの力強さを感じます。(佐々木淳一)

  伊豆 下田ペリーロード  Name : 岡本 豊  Material : 透明水彩
■本人のコメント
古い日本家屋が上手く表現出来ました。あじさいらしく表現する点など、全部苦労でしたが楽しく描けました。
■講師からのコメント
今まで何点もの水彩画を苦労と共に描いて来られた成果があらわれた作品です。遠近を表現するのに適した構図と色彩で秀作が出来上がりました。透明水彩を使った色々な表現にチャレンジしてみましょう。(高垣勝康)

  初夏  Name : 下川 加代子  Material :クレパス
■本人のコメント
ポップなところが気に入っています。楽しく描けました。
■講師からのコメント
小さなサクランボも点として構成されリズム感がとても楽しいです。(田伏勉)

 田舎のバカンス  Name : 棚橋 阿希子  Material : クレパス
■本人のコメント
女性がボーと遠くを見ている表情が気に入っています。廊下や壁板の色に苦労しました。
■講師からのコメント
縁側にしゃがみこむ浴衣の女性に季節や時間帯(夕方っぽいですね)まで感じられます。掲載写真のサイズだと判りにくいですが、女性の表情や黒目を大きく入れるデフォルメが作品を見る者の想像力をかきたててくれます!(渡辺聡)

 2013年8月にて  Name : 玉田 秀夫  Material : 油彩
■本人のコメント
木の明暗、遠近感が気に入っています。
■講師からのコメント
スカッとさわやかに仕上がりました。前作で木々の描き方を試行錯誤した甲斐がありました。芝や道にも工夫が見られ、絵に効果として表れています。緑の色の種類をもっと増やす様に心掛けてみましょう。(高垣勝康)

  オーロラをバックにカツオ鳥の親子  Name : 早瀬 幸子  Material : 油彩
■本人のコメント
カツオ鳥親子の表情が気に入っています。オーロラが苦労しました。
■講師からのコメント
カツオ鳥親子の子カツオ鳥の大きさがとてもユーモラスで微笑ましいです。何時もながら、早瀬さんの動物への感情移入が厳しい自然の中にたくましく生きる彼達の動物賛歌が聞えてくる様です。(大塚伸一)

  滔々  Name : 日比 契子  Material : クレパス
■本人のコメント
水の部分が気に入っています。面で捉えて描く事が苦労しました。
■講師からのコメント
水晶橋の夕やみの風景でコンクリートと水との質感がよく表現されています。色彩も赤・青・白の美しいハーモニーでとても美しいです。(田伏勉)

  無題  Name : 藤本 節子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
木の陰影が上手く表現出来ました。色の度合いを調整する点が難しかった。
■講師からのコメント
光の入り方が大変美しい作品に仕上がりました。遠近の色具合が上手く表現出来ていると思います。写真を使っての制作ですが、ご自身で撮影された写真なら完全にオリジナルです。モチーフ選びから工夫してみましょう。(高垣勝康)

 春のおとずれ  Name : 森田 宏  Material : 油彩
■本人のコメント
桜の色が大変難しく、表現するのに苦労しました。
■講師からのコメント
細部にまで気持ちの行き届いた作品です。桜の花をいかすための背景を考えてみるとさらに良くなるのではないでしょうか。つぼみの愛らしさに対し少々重く感じます。(高垣勝康)

 椿  Name : もりもと きくこ  Material : 日本画
■本人のコメント
建物が気に入っています。椿の花や全体のふんわり感を出すのに苦労しました。
■講師からのコメント
説明的な花・葉の表現ではなく、ざっくりとしそしてふんわりとした空気感のある素朴な絵に仕上がりました。背景の白のマチエールも美しく、霞んで見えるのはヴァイオレッタの館か!(北斗一守)