momentary  Name : misa  Material : アクリル
■本人のコメント
儚いイメージにしたいと思いました。モチーフの位置と余白が気に入っています。
■講師からのコメント
ポエジーの感じられる深みある作品だと思います。作品の中の色調の強弱をどのようにコントロールするか、それを経験されたと思います。一か所描くと全てのバランスが変化します。全体像をながめながら絵を育ててゆくおもしろさを感じて頂けたのではないでしょうか。(森井宏青)

  無題  Name : M.S  Material : 色鉛筆
■本人のコメント
綿を枝をなくして描いたところが気に入っています。昔の道具の音がなんとなく思い出されるような、そう思いながら描きました。
■講師からのコメント
画面に舞う綿花が蝶のようでもあり、幻想的なイメージを膨らませてくれます。暖色系でまとめたあたたかさを感じる作品でもあり、しかもそれが単調にならない色みの豊かさを持っており、心地良く見る人の心に響いてきます。(渡辺聡)

  びわ  Name : 上田 敏子  Material : 日本画
■本人のコメント
葉の色が気に入っています。びわの色に苦労しました。
■講師からのコメント
明晰な画面は緑にびわ色が映え、健康的で清潔感のある作品からは実りを喜ぶ気持ちが伝わって来ます。テーブル端の線と白の階調がやさしく空間を演出をしています。この果実ゆえに、やさしい一つの声は乙女さびして七絃琴(リラ)のなかから椎木のようにしなやかに伸び(北斗一守)

  午  Name : 小野 俊子  Material : 日本画
■本人のコメント
影の所は苦労しましたが、思いがけず良い雰囲気に仕上がりました。葉の表情に一番苦労しました。
■講師からのコメント
なにげない一隅 時が止まったような午後、土の臭いとぬくもりを感じる作品です。光と影の創る模様は抽象的にも見えおもしろくまた新たな作者の一面が開けました。(北斗一守)

  夏の思い出  Name : 川田 悦子  Material : クレパス
■本人のコメント
花びらの美しさ、複雑な葉っぱの模様が気に入っています。色が濁らない様に丁寧に描き込みました。
■講師からのコメント
丹念に描かれたアサガオの葉や花の形、色合いの変化が自然な植物の質感を良く表現しています。更に背景の灰色がかった「色み」の変化が美しくも目立ちすぎずにアサガオを引き立ててくれていますね。(渡辺聡)

 オペラ  Name : 神田 季代子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
バックの色が苦労しましたが、諦めずに描いて完成させました。
■講師からのコメント
大きな花の姿を大きな水彩画に表現されました。いろいろ迷いながら描かれているかもしれませんが、作品からはゆったりとした広がりが感じられます。(森井宏青)

  oh!トレド  Name : 北村 八朗  Material : 水彩
■本人のコメント
新たな色への挑戦。遠近感と立体感の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
僕もはじめてトレドを目にしたときにoh〜!となったのを思い出します。重いきって空や水面を赤(ピンク)になさった事で、その時の感動を感じる事ができる素晴らしい作品になりました。色のバランスも気持ちのよい上質のトレドになりましたね。(大塚伸一)

  秋の奥入瀬川  Name : 木下 修  Material : アクリル
■本人のコメント
水の感じを出すことや遠景近景を上手く出すことに苦労しました。
■講師からのコメント
絵に華があり、主題に対する感動が伝わってきます。樹木の形の変化もよく観察されています。色彩は明るく楽しいイメージですが、少し濁色を入れることでより鮮やかな色が生きてくると思います。アクリル絵具の使い方にも上達が見られ完成度が高まって来ました。

 パリ空港にて  Name : 堺谷 恭子  Material : 油彩
■本人のコメント
人物の表情がよく出ました。バックの人物に苦労しました。
■講師からのコメント
海外での楽しい思い出を色彩豊かに描かれました。早い筆使いで生き生きとした表現をされていて見ているものも幸せになれます。(森井宏青)

  メテェオラ  Name : 佐村 佳代子  Material : 油彩
■本人のコメント
山の緑の色の変化、空の色の変化が上手くいきました。緑をたくさん使ったので色使いに変化をつけるところが苦労しました。
■講師からのコメント
ギリシャの世界遺産メテェオラ修道院ですね。対象物とお花をメインにシンプルに描かれ、爽やかな空気の流れる気持ちの良い絵になりました。(大塚伸一)

  1960年代のタイプライター  Name : 棚橋 阿希子  Material : クレパス
■本人のコメント
バックをどうするか随分考えました。部屋の物を見ていてインドネシアの布の模様を取り入れてみましたが、タイプライターとマッチしているかどうか。
■講師からのコメント
やもすると全体が崩壊しかねないギリギリの構図が作品に命を吹き込んでいます。動的な背景や極端に下から外側に配置されたモチーフ。アンバランスである事が作品の魅力となる、お手本のような作品となりましたね。(渡辺聡)

  オランダ民族衣装  Name : 登紀  Material : 油彩
■本人のコメント
顔が苦労しました。
■講師からのコメント
河原さんの絵にはたくまざるユーモア―があって、独自な感性の持主だなと注視しています。素朴さの中にきらりと光る個性を感じる作品になりました。(辻司)





  生駒山風景  Name : 中曽根 晟二  Material : 水彩
■本人のコメント
光がうまく表現出来ました。描き込みが多すぎたので大変でした。
■講師からのコメント
中曽根さんの高密度な表現にいつもながら感心いたします。ピンと張りつめた空気感と日本の原風景とが不思議な味わいとして表現されているところが面白いと思いました。(佐々木淳一)

  朝顔  Name : 中村 礼子  Material : 油彩・箔
■本人のコメント
花びらのやわらかさが気に入っています。花の色の出し方が苦労しました。
■講師からのコメント
揉箔(金)パネル張りの効果がよく出た作品となりました。油彩セットの絵具だけでは朝顔の花の色は出来ません。金箔の上に描く発色、下地作りから上に乗せる(透かせる)油彩画ならではの技法を今回は習得出来ましたね。(松尾文隆)

  行進  Name : 西羅 康子  Material : 油彩
■本人のコメント
色が濁らなかった所が気に入っています。どう表現するか苦労しました。
■講師からのコメント
「行進するモチーフ群」という題材から、画面上に心地良いリズム感と、油絵の具の流動感が“色が濁らなかった”ことで、観る側を引き込む透明な空間を創り出すことに成功しています。元々、西羅さんの躍動的な筆致の力強さが魅力ですが、今回仕上げまで強い色彩を活かしながら想像力をかり立てる秀作となりました。(弓手研平)

  無題  Name : 橋本 道子  Material : クレパス
■本人のコメント
すだれの色合いがキレイに出ました。
■講師からのコメント
タイプライターとすだれという聞いただけではミスマッチそうな組み合わせが見事に調和した作品となりました。単調になりやすいすだれの色合いも全体に微妙な変化があり、実際の画面以上に空間のひろがりを感じさせてくれます。(渡辺聡)