まりりんとえみりぃ  Name : Etsuko透明水彩
■本人のコメント
風に吹かれている様子が表現できました。毛並みが苦労しました。
■講師からのコメント
身近な存在を愛情豊かに描くことは私達の夢ですがなかなk難しいことです。今回は表情をある程度強調しつつ平面的に描くことを目標とされ、大変上手く仕上げられました。家族にとって貴重な一枚となりますね。(森井宏青)






  OA  Name : O.K  Material : 透明水彩・アクリル
■講師からのコメント
「水を描く」という難しいテーマを自分なりの「絵としての表現」で見事に消化しています。混色しすぎない部分がうまく水の暗影とコイの高彩度の橋渡しとなり、全体のグラデーションもなめらかに仕上がりました。又、水中と水上でコイの描き方を変えているのもgoodです。(渡辺聡)






  浄化  Name : YOKO  Material : 日本画
■本人のコメント
色の調和が気に入っています。水につかっているところが苦労しました。
■講師からのコメント
ハスの形のおもしろさを銀箔の水面を背景に動きのある構成で効果的に表現された秀作です。銀箔の下地の仕事や枯れたハスが繊細に描かれており、また松葉緑青の透明感のある緑に救われます。描きつくされた題材ですが古ぼけて見えないのはやはり箔の扱いの工夫のためでしょうか。(北斗一守)






  大山崎山荘  Name : 岩田 敦子  Material : 日本画
■本人のコメント
明るい中にも深みのある色が出せました。影の部分を暗くしすぎないようにすること。
■講師からのコメント
柔らかく清明な空気感がみごとに描かれた作品となりました。正面からとりくまれていて一見単純そうでいて細かく注意深いタッチや調子、繊細な色調はふくよかで安らぎ、品格さえ感じます。実によく楽しみながら描かれた様子がうかがわれて好ましい作です。(北斗一守)






  いちじく  Name : 上田 敏子  Material : 日本画
■本人のコメント
いちじくの色が気に入っています。バックが苦労しました。
■講師からのコメント
いつもけれん味のない自然体で素朴な画を描かれています。うれた柔らかそうないちじくが回がり背景の葉と空間を青みがかった同系色でまとめ心地よく果実を引き立てています。無花果のゆたかに実る水の上…山口誓子(北斗一守)






  Jelly fish  Name : 河井 康子  Material : 油彩
■本人のコメント
クラゲを可愛らしく描けた。風景とクラゲの組み合わせが苦労しました。
■講師からのコメント
夢のような世界を工夫をしながら表現されています。絵具の使い方にも少しずつ慣れてこられ、優しい世界を生み出すことに成功されました!(森井宏青)






  冬の蝶  Name : 川田 悦子  Material : クレパス
■本人のコメント
新春の雰囲気を出せました。水仙のスクッとのびた可憐な花と葉のおもしろさを描くのに苦心しました。
■講師からのコメント
「新春」のテーマで、なかば無理矢理入れた独楽とけん玉のモチーフでしたが、うまく入れてもらえてます。(色相のひろがりとアクセントになりました。)又、今回ガラスビンが大変良く描けていて、光の透過や水中で屈折する像が明暗や彩度変化を用いてとても自然に描かれています。(渡辺聡)






  スロバキアの民族衣装の女性  Name : 川東 繁  Material : 油彩
■本人のコメント
上半身が上手く描けました。スカートの色調が難しかったです。
■講師からのコメント
川東さん素晴らしいところは、内奥を見ようとする姿勢にあります。絵に深みがあることです。油絵具の透明感も出ています。自分自身で欠けているところに気づき更なる進化をしてほしいものです。(辻司)






  秋の奈良井宿  Name : 佐藤 和代  Material : 透明水彩
■本人のコメント
格子が気に入っています。遠くの景色の色合いが苦労しました。
■講師からのコメント
しっかりとした下描きに、なるべく手数を少なく着色する事で、一層目の「にじみ」や「濃淡」がキレイに出ました。特に手前右手側の格子戸の部分は透明水彩の本質がいかんなく発揮された良い例となりました。(渡辺聡)






 ピエロ  Name : 田上 正子  Material : パステル
■講師からのコメント
色鮮やかなハレーションを起こしてしまうほどの賑やかな色の世界を、田上さんのほど良くこなれた色感で上手く空間が表現出来ました。特に中心のピエロを引き立てる周りの色面のバランスが心地よいです。最近の田上さんの作品は、肩の力が程良くぬけて温かみが増してきているように感じます。益々頑張って下さい。(弓手研平)






  霧氷が見られる幻想的な釧路川  Name : 中村 仁  Material : 透明水彩
■本人のコメント
霧氷の川の冬らしさを出すことに苦労しました。
■講師からのコメント
絵でありながら「静けさ」を感じさせてくれる良作となりました。遠景の木々の、少し彩度をおさえつつ色相そのものも変化していく部分。右手の木の枝につく雪の柔らかな質感。それらに対し少し動きを感じさせる水面とボートの人物。ゆっくりと進むボートの水音だけが聞こえてくる様です。(渡辺聡)






  ごはんの存在感  Name : 樋口 弥生  Material : クレパス・水彩
■本人のコメント
ごはんの白と影の黒が気に入っています。色をまとめるのが苦労しました。
■講師からのコメント
「ご飯」という日本人にとって究極のモチーフでしたが、樋口さんのとらえ方はある意味クロッキー的に素直な印象で描いています。そのことが一見ご飯に見えるような、何かどこかで見たことのある物、又は風景のように見えたりして、見る側のイメージを広げてくれます。シルエットの大半をぼかし、背景の変化と水平線の引き締めが効いています。細やかなマチエールの工夫もさりげなく心地よいと感じます。「ご飯」はある種の抽象性ある物体なのかもしれませんね。(弓手研平)






  無題  Name : 森 祐子  Material : 水彩
■本人のコメント
缶の素材がうまく出たこと。ひょうたんの質感が苦労しました。
■講師からのコメント
観察力がしっかりとされていて、まっすぐに素描されていて、これからが実に楽しみです。それがそのまま実力となります。まださらに明度の階調、質感の深みは追及できますが、短時間でこれだけ描けるのは素晴らしいことです!!(森井宏青)