ロンドン郊外シシングハーストガーデンの Name : 小谷 淳子 Material : 透明水彩・水彩紙
 ホワイトガーデン
■本人のコメント
無数の白い花に苦労しました。空によって白を際立たたせることができる事、まわりを暗めに描くことを学びました。
■講師からのコメント
白い花は、一つ一つ形をはっきりと描く場合と、まとまった全体の形として描く場合とがあるので、白い部分の残しかたの意識の違いをつけて下さい。(講師:笠原宏隆)

  旧自宅  Name : 関口 正  Material : 透明水彩・水彩紙
■本人のコメント
写真を如何に立体的に描くかを学びました。写真に美しく写っている花は、ついそのまま描きたくなりましたが、立体感を出すには明暗をはっきり、遠近をしっかり出すように指導を受けました。それぞれの影の色を作るのに苦労しました。
■講師からのコメント
建て替える前の家で、懐かしい写真だと伺いました。思い出が強いので、とたも細部まで書き込んまれていて思いが伝わってきそうな作品です。とても立派なツツジの植え込みが印象的だったので、彩度を上げて陰影を強くして家よりも目立つようにして、ツツジから家の方に目線が流れるようにしてもらました。影の色は、考えすぎると写真と同じ色を作ろうとして黒くなってしまうので、気をつけて下さい。影の色でなく影の温度を色として置き換えてみると色を作りやすいですよ。(講師:笠原宏隆)

  春陽  Name : 前野 咲子  Material : 透明水彩・水彩紙
■本人のコメント
絵具を忘れた日「これは早く描けそうと」色を入れても平たんになり、暗い所がとびだしてしまい、その部分の直し方や花と草の影を先生に教わりながらやっと仕上げました。
■講師からのコメント
群生しているものは、いかに後ろの花を力を抜くかが大切ですが、ただ真っ赤に塗るだけでは画面が平坦になってしまうので、赤色の色幅や濃淡などを使って描くのが良いと思います。手前のものほど明暗をしっかりとつけると、より遠近感がでますよ。 (講師:笠原宏隆)

  尾瀬沼の3兄弟  Name : 渡辺 潤  Material : パステル
■本人のコメント
この3本の木は、前回と同じ場所です。前回は初夏で日光キスゲが咲き深い緑の森の絵でした。今回は秋真っ只中です。草が枯れている所、また水辺に写る景色は難しくだいぶ笠原先生に指導頂きました。おかげさまで水の波紋はとても良く描けていると思います。
■講師からのコメント
前回と同じ場所を季節や時間などを変えて描いてみるだけで、木々の青色の違い、空の高さの違い、天候の違い、水の映り込みの違いなどを描きわける良い経験になった作品だと思います。パステルの色もしっかりと塗れるようになってきたので、次は色を画面の中で混ぜる描き方にチャレンジしてみて下さい。(講師:笠原宏隆)