秋 Name : K   Material : クレパス
■本人のコメント
クレパスの良さを再確認しました。
■講師からのコメント
秋の並木道の空気感がよく表現されています。光を受けた木々の美しさが出ています。今の時期しか見られない風景をよく取材できています。(田伏勉)


   無題 Name : K.T  Material : クレパス
■本人のコメント
午後の雰囲気を出せた事が気に入っています。秋らしくするのに苦労しました。
■講師からのコメント
堤の上を一人の人物が通りすぎてゆきます。行くのか?帰ってきたのか?見る人の気持ちで物語が始まります。木の影が長くこの作品をよりドラマチックにしています。(田伏勉)


   bleu Name : misa   Material : アクリル・コラージュ
■本人のコメント
久しぶりにコラージュなど楽しめました。色も気に入っています。色が濁らないよう注意しました。
■講師からのコメント
写真よりも現物の方が彩度も落ち着き、上品に見えます。コラージュという手法を生かしイメージを広げることに成功しています。表現力、描く力をこれからもつけて行きましょう。(森井宏青)


   思い出の場所 Name : 岩本 美千子   Material : クレパス
■本人のコメント
ドロッピング技法(クレパスを揮発油に溶かしたものを画面に落とし込み、乾燥後に手を加える技法)を用いた事によって、技法独特のきれいな色を出せました。制作過程において、画面上で想定外の展開が続いたことが苦労しました。
■講師からのコメント
アルザス地方の町を教会の屋上から見た風景で、街の生活感が感じられます。いろんなテクニックを使っていい風景画になっています。(田伏勉)


   篠笛 Name : 内田 清子   Material : 日本画
■本人のコメント
色合いが気に入っています。顔を下に向けて笛と口を合わせるところがが苦労しました。
■講師からのコメント
京都舞妓写生会、毎月 葵会の参加で研鑽されています。師走南座(今年から三年ほど先斗町)の顔見世、人気役者に髪飾りのまねきにサインを入れてもらいます。一番着物も帯も豪華な季節です。上手に30号の構図に仕上がったと思います。(皿谷能子)


   モンテフリオにて Name : 神市 道子   Material : 水彩
■本人のコメント
初めての海外でのスケッチ作品です。時間によって影の角度が変わるところが苦労しました。
■講師からのコメント
スペインのアンダルシア地方の田舎町モンテフリオで現場スケッチされ、仕上げを教室でされました。2日間に渡り現場スケッチされたので、その場の空気感がよく表現されていると思います。(池田誠史)


   シャガールの『夢』 Name : 神子 隆子   Material : ミクストメディア
■本人のコメント
シャガールの作風に似せて楽しく浮かんでいる様子を表現出来ました。普段使用しない下地を用いた所が苦労しました。
■講師からのコメント
とても楽しい空間が表現出来ました。神子さんの優しいタッチがシャガールのイメージに良く合っていると思います。色彩も画材の重ね方の基本をふまえて、美しい発色を導き出しています。普段の作品制作にも大いにヒントとなる「夢」のある秀作です。(弓手研平)


   バリ島にて Name : 亀山 武雄   Material : 水彩
■本人のコメント
モチーフの面白さが気に入っています。色数が少ない中でどう表現するか苦労しました。
■講師からのコメント
異国の興味深い風景が描き上げられたと思います。難しい構図だと思いましたが、作品化すると面白くなりました。人物の表現も独特の面白さがあります。(市川伸彦)


   アジア旅行 Name :北浦 なりこ Material :色鉛筆、色鉛筆ぼかし液
■本人のコメント
民芸品を初めて描いて楽しかったです。光の取り入れ方が難しかったです。
■講師からのコメント
ユニークなモチーフを色鉛筆でとても丁寧にまとめられたと思います。深み、重なり合いもよく観察されて旅情のある作品に仕上がりました。(橋雅史)


   神威岬の灯台 Name : 小谷 章   Material : クレパス
■本人のコメント
日本海に面した荒涼たる高台に立つ灯台を表現出来ました。山肌の色合いや明暗が苦労しました。
■講師からのコメント
山の上に灯台が白く立っています。手前の山は影の中に光が当たった所の山との違いがよく出ています。影は寒色、光は暖色で補色の対比も美しいです(田伏勉)


   教会への路 Name : 坂本 正史   Material : 色鉛筆
■本人のコメント
ポーランドの教会の特長が少しは描けたかな?年齢と共に腕は上がらず描くのに時間がかかるばかりです。
■講師からのコメント
現地で写真を撮って教室で絵にされた作品。主役である塔のオレンジ色や赤茶色が木々のグリーンや空のブルーの中で映え、色鉛筆の調子も格調高く美しい作品となっています。(池田誠史)


   3月の長居公園 Name : 中村 礼子   Material : 油彩
■本人のコメント
春のやわらかな日ざしが出せたかなと思っています。梅の花ですがあまり重くならないようにと御指導頂きましたがむつかしかったです。
■講師からのコメント
桜の花より梅の方がむつかしいですね。中景に梅の木があるのもむつかしい表現になると思います。しかし早春の日ざしのあたたかさはよく表現出来ていると思います。手前に桜の木を入れた構図もよいでしょう。(松尾文隆)


   サーカスの日 Name : 橋本 鐘子   Material : ミクストメディア
■本人のコメント
動物を多く描いた中に街並みがある所が気に入っています。細やかな描写が多いため全体のバランスを取るのに苦労しました。
■講師からのコメント
赤い色面が効いています。暖色と寒色のバランスも心地良く、シャガール風の柔らかいタッチとフォルムが「サーカス」のような軽快なリズムになっています。シャガールの説明し過ぎないフォルムと色で訴える力は橋本さんの新しい引き出しとなるように思います。(弓手研平)


   風のように Name : 福田 啓美   Material : 油彩
■本人のコメント
躍動感を表現出来ました。楽しみながら描けたので苦労したところは無いです。
■講師からのコメント
難しい題材ですが、他者にはマネのできない方法で上手くまとめ上げました。実作品はこの画像より少しシックな色調で、動きあるものの形態を平面化するおもしろさに満ちています。(森井宏青)


   朱輝山嶺『ドロミテ』 Name : 前川 武男   Material : パステル
■本人のコメント
朝日を浴びて灰白色の山嶺が朱に燃え輝くその美しさ、迫力に感動し、挑戦した作品です。主役の山が映えるように、構図はシンプルにコントラストと遠近感をいつも考えながら描き上げました。
■講師からのコメント
色の出し方が大変美しく決まりました。手前の煙突が生活と自然との対比を上手く引き出してくれていると思います。「輝き」を見せる為の表現が秀逸です。(橋雅史)


   ねこ Name : 前川 美千代   Material : クレパス
■本人のコメント
ねこの毛のフワフワ感と目力が気に入っています。顔の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
動物の一番美しいフォルムのシャッターチャンスを得た作品です。猫以外は何も描かなくても空気感が出ています。とても良い作品です。(田伏勉)


   イタリアの市場 Name : 安尾 やよひ   Material : クレパス
■本人のコメント
グリーンと赤がきれいに出せました。すべて苦労しました。
■講師からのコメント
イタリアの旅行で見つけたお店を描いています。人物の位置もいいですね。赤、青、黄と色彩も豊かで楽しい気分になります。(田伏勉)


   花の小径 Name : 吉田 幸恵   Material : 水彩
■本人のコメント
スペインのコルトバを描いた作品全体の雰囲気が気に入っています。壁の明暗の調和が苦労しました。
■講師からのコメント
微妙に角度の異なる白い壁面の明るさの相違を非常にデリケートに表現されました。やや湿り気を帯びたような空気感も伝わってくる気がします。壁に設置された植物や工芸品のような物に至るまで根気よく精緻に描かれ、秀逸な作品になったと思います。(河村雅文)


   エスキース Name : NOBU   Material : パステル
■本人のコメント
ソフトパステルを本格的に使ったのは初めてでしたので、描き方に慣れるまで苦労しました。
■講師からのコメント
パステルの乗り、描線ののびに力強さを感じます。一方で柔軟な修正力もお持ちであり、“描く人”としてのバランスがあります。とことんワガママに描いて下さい。持ち味が全て助けてくれます!(森井宏青)


   春野菜 Name : YUKO   Material : 透明水彩
■本人のコメント
美味しそうに描けました。えんどう豆が難しかったです。
■講師からのコメント
この作品を御覧になる方は誰でも「こんな風に書けたら!」と感じてくれることでしょう。一から基本をしっかり学ばれたからこそ出来た大変素晴らしい着彩画です。一枚一枚ゆっくりと自信をつけて下さい。(森井宏青)


   ベネチア Name : 大島 泰晴   Material : 油彩
■本人のコメント
遠近感が良く出ました。
■講師からのコメント
写実に徹した風景画ですね。微細な部分にまで神経をいきとどかせ、油彩のテクニックをきわ立たせた作品に仕上がったと思います。素晴らしい出来ばえです。(市川伸彦)


   パレルモのランチ Name : 神山 和佳子   Material : 透明水彩
■本人のコメント
壁の汚れがうまく描けました。影の入れ方に苦労しました。
■講師からのコメント
にじみ、ぼかし、水彩独自の表現を用いうまく歴史のある建物の質感を表現されたと思います。風景全体に対しては小さな人物の表情もしっくりと画面に合い、イタリアの日常風景の雰囲気を醸し出しています。(市川伸彦)


   教室のオブジェ Name : 谷   Material : アクリルガッシュ
■本人のコメント
アクリルガッシュでの制作は初めてで苦労しました。これから頑張りたいです。
■講師からのコメント
素直に見ること感じることの大切さを表す快作です。描きながら技法に悩まれるかもしれませんが、小手先の技などよりもっと重要な“観察力”という素質をお持ちです。自信を持ってがんばって下さい。(森井宏青)


   金魚がおよぐ Name : 豊田 百合子   Material : 油彩
■本人のコメント
市川先生の指導でうまく決まった。背景や金魚のヒレが生き生きと描けました。強い色が下品になりやすく、朱に置き換えるなど苦労しました。
■講師からのコメント
一見簡単そうに見えたのですが、微細な点での描画の難しい画題でした。が金魚のヒレ等の透明感や、色調の鮮やかさが油層のぬり重ねにより美しく表現されたと思います。次回の絵も丹念に取り組んで下さい。(市川伸彦)


   埋没 Name : 中曽根 晟二   Material : 透明水彩
■本人のコメント
静寂が気に入っています。細部の描写が苦労しました。
■講師からのコメント
隅々まで気を配られ実に良く観察されています。緻密な筆遣いにより、静謐な空間が印象深く表現されていて画面に引き込まれそうです。朽ち果てた木と水面の青のコントラストも鮮やかです。(中井英夫)


   波の目 Name : 八幡 佐起子   Material : 木炭
■本人のコメント
波のつながりに気を付けて描こうと思いましたが、もっと自然につなげたかったです。
■講師からのコメント
波の線と面と点のリズムと木炭の調子が美しく、観る者を惹き込む空間です。その中に一見気付かないように人体が隠れ、気付かせてから再度波の波動に視点が遊びます。作品として完成度の高い仕上がりです。空間を自由にあやつれるようになってきたことが今後の展開を面白くしていくことでしょう。(弓手研平)


   ペルージュの課外授業 Name : 濱田 悦子   Material : 透明水彩
■本人のコメント
石垣が苦労しましたが、そこそこうまく描けました。
■講師からのコメント
ペンと水彩による小さなスケッチです。どこか外国の日常の一コマがほのぼのと描き出されていて好感がもてます。(市川伸彦)


   鬼子母神堂 Name : 林 宏治   Material : 透明水彩
■本人のコメント
落ち葉が良く出来ました。デッサンのバランスに苦労しました。
■講師からのコメント
全体の色調子といい水彩の筆運びといい美しく仕上がった作品になりました。特に露店の中の細々とした品物類もいやみなく効果的に絵をひきしめていると思います。(市川伸彦)


   秋 Name : 日比 契子   Material : クレパス
■本人のコメント
ザクロの質感を表現出来ました。実の瑞々しさ、球体の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
西洋画では伝統的なモチーフのざくろです。堅い皮と中の実の透明感がこの作品のポイントです。色も美しいし密度も濃く、クラッシックなムードもすてきに表現されています。(田伏勉)


   ひなたぼっこ Name : 宮田 寿子  Material : パステル
■本人のコメント
猫の毛なみがうまく描けました。
■講師からのコメント
パステルでの表現力がどんどん上達してますね。今回の猫の描写も形といい質感といい、うまく表現されたと思います。また、今回チャレンジしたパステルの細部の表し方も、次回以降応用し表現の幅を広げて下さい。(市川伸彦)


   無題 Name : 村山 彰   Material : 透明水彩
■本人のコメント
塔が苦労しました。
■講師からのコメント
季節は少しちがいますが、おだやかな春の風景が描けたと思います。淡い水彩の重ね表現が段々と上達して来ている様です。この調子でどんどん制作していって下さい。(市川伸彦)