かさご Name : M.S   Material : クレパス
■本人のコメント
色々なヒレ、大きな目と口、波にゆられてのんびりしているようで全神経を“エモノ”に。いろいろと想像してたのしめた”モデル”でした。ゆったりしているようでピンと張っている雰囲気が表現出来ればと思いながら…。
■講師からのコメント
多数のヒレを持つカサゴですがその一枚一枚が水をとらえ流れに乗っている感じがとても良く出ています。ヒレの形、色、ハッキリ描くかボカすか…それらがモチーフの観察からしっかりと絵の中で再現されているが故でしょう。(渡辺聡)


   タイ Name : 阿路 恵  Material : クレパス
■本人のコメント
タイの厚みが気に入っています。バックの色あいが苦労しました。
■講師からのコメント
鯛を真横から見た構図は、実は絵にするのが難しい(特に立体感)のですが、胴体中央から外側へ色や明暗グラデーションが入る事で見事な厚みが表現されています。又、ザルの黄、葉の緑、外周の暗い黄土系の色が良く響き合ってより鯛を生き生きとさせています。(渡辺聡)


   秋のストリート Name : 池田 和子   Material : クレパス
■本人のコメント
紅葉のストリートの雰囲気が出せました。光と影が苦労しました。
■講師からのコメント
どこにもある日常の風景も絵になるとそこにはドラマが生まれてきます。この風景を描こうと思う心理の中に作者の感性が入りこみ、単なる風景ではなくなります。それが風景画の素晴らしいところです。(田伏勉)


   ラリー気分 Name : 大森 一茂   Material : 透明水彩
■本人のコメント
特になし
■講師からのコメント
画像では判りにくいですが、近景〜中景〜遠景で緑の描き込みや、下地の黄色系の濃度がきっちり分けられており、遠近を良く感じる作品です。欲を言えば車も、車単体で遠近を感じさせる濃淡があっても良いかもしれません。(渡辺聡)


   大仏のような女神? Name : 田口 秀子   Material : パステル
■本人のコメント
表情が気に入っています。手のひらを描くのに苦労しました。
■講師からのコメント
豊かな色感に加えて、仏像をテーマとした手や顔の表情に魅力を感じます。明暗を丁寧に観ることから入り、自然な流れで田口さんならではのパステル調が重なり、まるで女神様のようなつつみ込むような大らかさが表れたと思います。明暗と色調のバランス、この調子で頑張りましょう。(弓手研平)


   にはとり Name : 竹中 佑一   Material : 透明水彩
■本人のコメント
羽根の白、黄の線の部分が苦労しました。
■講師からのコメント
酉年のはじめにふさわしく、元気な鶏が描けました。細部で観ると鶏の顔もとても元気だったり、白い羽根の描き込みが際立ちます。模写の中にもオリジナリティが入って良い味を持った作品です。(渡辺聡)


   おこぜのようなカサゴ Name : 棚橋 阿希子   Material : クレパス
■本人のコメント
胴体の縞模様が苦労しました。
■講師からのコメント
海底に向かうカサゴのイメージで頭が下向きの構図となりましたが、棚橋さんらしいおもしろい構図です。胴体のしましま白に色々な色味が含まれていて、強い赤との対比に複雑さをもたらしています。「強い青・強い赤」に色味を含んだ白が良いかくし味です!(渡辺聡)


   イタリア風景 Name : 土井 雅子   Material : 水彩ペン・水彩
■本人のコメント
はっきりと形を表現できたところが気に入っています。初めてのペン画。ペンで陰影をつけるところが苦労しました。
■講師からのコメント
ペン+水彩という新たな画材の組み合わせに取り組んで、だんだんとその扱いが手になじんで来たように思います。ペンで形を引きしめ、水彩で色と光を表現する方法が良く表れた作品だと思います。(市川伸彦)


   曇天 Name :中村 仁 Material :透明水彩
■本人のコメント
曇天の雲と港の海面のコントラストの完成度が満点です。雲の色彩に色鉛筆との併用をしました。
■講師からのコメント
水面への映り込みが細かくもにごらずに出来ていて、印象派絵画のような美しさがあります。建物をはさんで空には重い雲が描かれる事で彩度の高い部分とのメリハリが効いたドラマチックな作品になりました。(渡辺聡)


   葛飾北斎『軍鶏』 Name : 藤原 正巳   Material : 透明水彩
■本人のコメント
元気よく描けました。胴体の白い羽根の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
鶏の羽が良く描けており、特に白い羽根の下の黄〜茶色のグラデーションがきれいに出来ている事で鶏の胴のやわらかなふくらみが表現されています。左上の句も丁寧に描かれており良い雰囲気です。(渡辺聡)


   ラボルト Name : 堀田 麻以子   Material : 木炭
■本人のコメント
髪のうねりがうまく表現出来ました。石膏の額やまわりこみ(顔の左半分)が見えづらかったです。
■講師からのコメント
今回は全体の形をとらえるのが早めにできて、仕上げまでスムーズにいきました。石膏の硬質な感じがよく描けていると思います。(山縣寛子)


   ドルシネア姫 Name : マキ   Material : ソフトパステル
■本人のコメント
バレエのチュチュの可愛さ、脚の躍動感が良く描けました。チュチュ、バレリーナの筋肉、前後の立体感が苦労しました。
■講師からのコメント
バレリーナの伸びやかで躍動感のあるポーズが表現出来たと思います。体のバランスが難しいと思いましたが今回はしっかりと画面に収まりました。(市川伸彦)


   運河のある町 Name : 宮田 寿子   Material : パステル
■本人のコメント
レンガの建物が気に入っています。河の水が苦労しました。
■講師からのコメント
古びたレンガ造りの建物。それをパステルのかぎられた色彩を用いうまく表現できたと思います。作者(宮田さん)の独自の色使いが作品を明るく輝かせています。(市川伸彦)


   たまちゃん Name : 安尾 やよひ   Material : クレパス
■本人のコメント
可愛く描けました。質感が苦労しました。
■講師からのコメント
最も身近な動物の中で猫ほど何かを感じさせるのはいないでしょう。猫と人間との間が近づいてお互いに信頼しているポーズがよく出ています。動物を描くにはクレパスは適した画材ではないでしょうか。(田伏勉)


   流れ Name : 山下 誠二  Material : 透明水彩
■本人のコメント
木(ミドリ)の遠近感が気に入っています。水の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
いつもの作品に比べ、今回は樹木を大きくとらえ、それに動きのある水を加えたなかなか難しい題材ですが、それを透明水彩を重ねの技法により美しく表せました。段々と水、絵の具等のあつかいが、手になじんで来たように思います。(市川伸彦)


   北の風景 Name : 青木 恭二  Material : ソフトパステル
■本人のコメント
広がりが描けました。距離感が苦労しました。
■講師からのコメント
パステルでの出来うるかぎりの微細な表現、又微妙な色彩の変化のとらえよう、空間の広がり等をじっくりと丹念に描ききった素晴らしい作品となりました。今回はパステル用紙を木炭紙にかえ、木炭の下描きの状態もかなり細かく行った様ですが、それも裏側よりこの絵をささえていると思います。(市川伸彦)


   陽光 Name : 池田 みどり  Material : 透明水彩
■本人のコメント
葉の明るいところが気に入っています。木の色、混色が苦労しました。
■講師からのコメント
光を感じる風景画です。陽光を透かして輝く明るい緑と、その奥の青い陰りがその光をより輝かせてくれていると思います。(市川伸彦)


   めざし Name : 池田 素子  Material : パステル
■本人のコメント
色がキレイに出せました。干物に見えるよう描くことが苦労しました。
■講師からのコメント
“何かに向かって溯上する魚”のように、観る者の好奇心をかりたてる魅力的な作品です。具象的でありながら単なる写生から一皮むけた作品創りが最近の池田さんには出来てきているようです。彩度の高い透明感のある背景に、楽しく歪んだ煮干しのフォルムとグレーが空間としても見事です。(弓手研平)


   静物と人形 Name : 池田 洋子  Material : 油彩
■本人のコメント
明るい雰囲気で描けました。人形の顔がもうひとつしっくりこなかった。
■講師からのコメント
素朴で優しい筆使いとモチーフに向けられたおだやかな視線を感じさせる良い絵だと思います。この様な作品はなかなか他人には描けないものです。持ち味を生かして何より楽しんで創作して下さい。(森井宏青)


   トスカーナの田舎 Name : 上田 守  Material : 水彩
■本人のコメント
大胆に描けました。濃淡と遠近の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
イタリアの田舎のノンビリした静かな情景が画面から滲み出ています。陽光煌めく様子も的確な光と影の描写で定着されています。この小道を歩いてみればと思わせる風景画です。(中井英夫)


   中山道 奈良井宿 Name : 岡田 利雄  Material : 水彩
■本人のコメント
看板の描写が気に入っています。建物が入り組んでいる様子が苦労しました。
■講師からのコメント
宿場町の密集した家並みがよく観察され描写されています。当時の賑わいが目に浮かぶ様です。隅々まで省略される事なく丁寧に描かれた事で、その賑わい感がより増しています。色調も統一がとれていて良いと思います。(中井英夫)


   鰯雲 Name : 海堀 以久代  Material : 弁柄・ジェッソ・フルイド・木炭
■本人のコメント
鰯らしく描けました。空間全体のバランスに苦労しました。
■講師からのコメント
鰯雲が気持ち良さそうに泳いでいるように見えて楽しい作品です。ですが雲以上にイメージが観る側の心の中で浮遊して想像が膨らみます。煮干しが沢山並んでいるモチーフから、海堀さんのフィルターを通して昇華した世界として魅力です。背景の弁柄の奥行、力みのない煮干しのフォルムがピタリとかみ合った秀作です。(弓手研平)


   モンセラット Name : 小山 清美  Material : 透明水彩
■本人のコメント
岩山の間の建物の雰囲気が良く出ました。
■講師からのコメント
水彩による重層の効果が段々とうまく使いこなせる様になってきたと思います。微妙な明暗トーンでの遠近の表し様、濃淡のコントラストにより画面のめりはりがきいた作品となりました。(市川伸彦)


   カラスアゲハ Name : 橋 孝子  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
背景のにじみ、羽が光っている箇所にラメを施すことで鱗粉を表現できたところが気に入っています。微妙な羽の色を表現するところが苦労しました。
■講師からのコメント
日本画岩絵具の重厚な発色と柔らかな発色の胡粉の白が混じりあい、独自性ある空間表現となっています。カラスアゲハの描写も的確で、違和感無く画面に溶け込んでいます。差し色の朱が絶妙ですね。(青木秀明)


   路地裏 Name : 仲谷 納子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
水彩の「飛ばし」が面白かったです。影の黒さが思ったように出せませんでした。
■講師からのコメント
褐色のモノトーンの水の力をかりた偶然をコントロールしながらの壁等の質感表現が、画面全体を引きしめてくれています。偶然と必然につなげていく面白さが感じられる作品となりました。(市川伸彦)


   遊 Name : 七星 ゆりか  Material : アクリル
■本人のコメント
黒白のたらし込み具合が気に入っています。金魚が苦労しました。
■講師からのコメント
金魚の配置がよく考えられていて、上部の空間の広がりがうまく演出されています。背景とモチーフが一致した完成度の高い作品で、白黒の背景から「水色」を感じます。(青木秀明)


   倉敷 Name : 林 宏治  Material : 透明水彩
■本人のコメント
冬らしい感じが良く出ました。枯れ木が難しかったです。
■講師からのコメント
かなり速いペースでどんどんと良い作品を作られていますね。今回も鉛筆のグレートーンが活かされた作品となったと思います。水の青も、そのあざやかさが効果的に用いられていると思います。(市川伸彦)


   金魚乱舞 Name : 早瀬 幸子  Material : 油彩
■本人のコメント
背景とのコントラスト、しっぽが気に入っています。金魚の色合いが苦労しました。
■講師からのコメント
青錦コメットですね。我が家に錦コメットがいますので動きがよく分かります。もこもこと動く彼らのたのしい動きに見入ってしまいます。自分の気に入る色になるまでかなり苦労されていましたが、可愛くうまくまとまった絵になりました。(大塚伸一)


   旧三笠ホテル Name : パレット  Material : 透明水彩
■本人のコメント
明るい軽井沢の感じが出せました。ホテルに目が向くように風景を構成しました。
■講師からのコメント
水彩の良い特性を生かした水彩画らしい作品となりました。各色の瑞瑞しさがこの作品を輝かせていると思います。(市川伸彦)


   DOGS Name : 平井 幸子  Material : クレパス
■本人のコメント
動物ならではの荒々しい表情が出せました。それぞれ元となる資料が異なる犬を、よりおもしろい作品になるように構成したところが苦労しました。
■講師からのコメント
身近な動物の顔にテーマをしぼり、犬の持つ感情表現をうまくとらえられています。現代美術の世界ではよくこのような表現がされています。印象派以後のやり方としていい方向だと思います。必要なものだけをクローズアップする事が成功しています。(田伏勉)


   ぼくの友達 Name : 森田 順子  Material : ソフトパステル
■本人のコメント
うしろ姿の可愛さ、やわらかい光が気に入っています。鳥の丸みが苦労しました。
■講師からのコメント
ほのぼのとした黄昏の風情がパステルの柔らかな色調により表現された作品ですね。ぼかした遠くの風景としっかりと描き込まれた子供と鵞鳥(?)との対比が画面を程良く引きしめていると思います。(市川伸彦)


   シギリアロック Name : 山岡 節子  Material : 透明水彩・色鉛筆
■本人のコメント
影の部分、岩の間からのぞく階段が気に入っています。影の入れ方が苦労しました。
■講師からのコメント
不思議な風景です。巨岩と僧服(あざやかな朱)の人物との対比が面白いです。下地にブラウンのドローイングも質感を表現するのに効果的に働いていると思います。(市川伸彦)


   熱く咲き・・・ Name : 老ファンその一  Material : ミクストメディア
■本人のコメント
赤の美しさが本当に美しく、この顔料が大好きです。背景の赤が偶然うまくいったので、でもそれを生かすのに苦労しました。
■講師からのコメント
朱の発色の威力がいかんなく発揮された情熱的な作品です。椿の花の色をあえて抑えて葉を線描で表したことが成功の秘訣となりました。(青木秀明)