近づく春  Name : Kta   Material : クレパス
■本人のコメント
バックの色合が気に入っています。花、色、形共にうまくいったことがないです。
■講師からのコメント
花を美しく描くにはなるべく色数を抑えた方が良いのですが、今回はそれがうまく表現できていますよ!又、背景の色を意図的に灰色がかったものにしているのも作品全体の雰囲気−ゆたかな寒色系−をまとめてくれています。(渡辺聡)


   黄色い花  Name : M.S  Material : 色鉛筆
■本人のコメント
白い色を使用しないで描いてみました。
■講師からのコメント
花の枝ぶりが良く特長を表現して「その花らしさ」が出ました。教室内の背景をそのまますなおに描いた構成がリアリティと空間を生み、なおかつ素朴な良さが作品全体の雰囲気を生み出しましたね。飾らない良さがある作品です。(渡辺聡)


   花  Name : 阿路 恵   Material : クレパス
■本人のコメント
特になし
■講師からのコメント
花の黄色の繊細なグラデーションが美しいです。動的な背景はスクラッチによる効果−一層目の黄やミドリが二層目〜三層目の赤や茶を削る事で出てくる−が充分に引き出された美しい色を保ちつつも作品全体の厚みにもつながった重厚感のある作品です。(渡辺聡)


   タウンズU(TIME)  Name : 上田 公夫   Material : 油彩
■本人のコメント
動きを表現出来たと思います。夜のハルカスの表現が苦労しました。
■講師からのコメント
独特の視線を持って、大阪の都会の風景を描いています。我々を取り巻く都市の様相、それは決して否定的なものではなく、どこか面白く、そして謎めいた魅力を持ちます。画面の中に昼と夜が混在し、視点を変えることによって新たなものが発見できる。上田さんの得意な不思議な世界が表現されています。(高畑彰)


   オープンカフェ  Name : 大森 一茂   Material : 透明水彩
■本人のコメント
特になし
■講師からのコメント
混色によるにごりを排した作品で、色の美しさが際立ちました。自分なりに人物やイスを省略する事で、細かい描き込みをあれて「しない」事も功を奏しています。とても陽光を感じる作品でもあります。(渡辺聡)


   星座とサザンカ  Name : 柏 義和   Material : クレパス
■本人のコメント
星とサザンカが気に入っています。夜空の表現と建物との関係が苦労しました。
■講師からのコメント
思い出のある建物をさらにイメージを高めた作品で内容が伝わってとてもよいと思います。クレパスの特質が生かされて空の星もとても美しいです。(田伏勉)


   伏見のまんじゅう屋  Name : 北尾 静美   Material : 水彩
■本人のコメント
フリーハンドのため歪まないように描くことが苦労しました。
■講師からのコメント
閉ざされた空間の魅力である。空は敢えて遠近をつけず、手前の家屋に視点を集中させている。左上方手前からの光線から生まれる陰影が美しく、その濃淡からは水彩画ならではの魅力を感じる。のれんや看板などの文字を正確に写し取っているところも今回のテーマを魅せる上で成功している。(池田誠史)


   静物  Name : 榊原 紀代美  Material : 油彩
■本人のコメント
色が気に入っています。構図が苦労しました。
■講師からのコメント
シンプルながら楽しい空間が表現されています。独特のナイーブなフォルムがバランスよく配され、モチーフひとつづつが語りかけてくるようです。塗り重ねたバックが時間を感じさせてくれます。(大塚伸一)


   吹く  Name :佐治 泰子  Material :油彩
■本人のコメント
表現したい色を出す事が気に入っているところでもあり、苦労したところでもあります。
■講師からのコメント
ジャズをテーマに描かれた作品。単純化した色合いは、実はおそらく7〜8色の色の層から生まれています。下の色がところどころ覗き、画面に独特な振動を生み出しています。重厚なマチエルと、形態の単純な説明を嫌う試行錯誤の中で生み出された色面が、深みのある不思議な世界を作っています。(高畑彰)


   熊野古道  Name : 竹中 佑一   Material : 透明水彩
■本人のコメント
私の故郷、熊野古道の雰囲気が充分出ています。石畳と杉の大木の樹の部分が苦労しました。
■講師からのコメント
おごそかな雰囲気が良く出た作品です。特に大木の幹の描写は実際に触った感じ、ざらざら、ゴツゴツといった感じが伝わってくるとても良い描写になりました。画像では判りにくいですが、画面奥の巫女さんも更に雰囲気を出していますね!(渡辺聡)


   フリージアと老梅  Name : 棚橋 阿希子   Material : クレパス
■本人のコメント
バックのコバルトブルーが気に入っています。
■講師からのコメント
何よりもまず花の黄と背景の青の組み合わせが素晴らしく美しいです。伸びやかな枝ぶりも植物の生き生きとした感じが良く表現されていますね。又、枝の色にほんの少しだけ赤が入っているのも良く効いていて、より黄と青の組み合わせを美しくみせてくれます。(渡辺聡)


   根  Name : 樽口 慶  Material : 鉛筆
■本人のコメント
自然の中で朽ち果てていく姿が気に入っています。複雑な形、明暗が苦労しました。
■講師からのコメント
古木を時間をかけてコツコツと根気良く観察、描写された賜物だと思います。空間を感じさせる技術もハマって来ました。モノトーンの持つ緊張感が心地良いです。(橋雅史)


 浅草寺へと続く仲見世通りと伝法院通り交差点 Name : 中村 仁  Material : 透明水彩
■本人のコメント
浅草寺周辺の正月の人々の混雑度が気に入っています。各ビルの遠近感の作成が苦労しました。
■講師からのコメント
雑踏を色をにごらせずに描ききった良作です。左右の建物の重さに対する空の軽さ(透明感)のバランスも良く、人々の息づかいまで聞こえてきそうです。(渡辺聡)


   城  Name : 仲村 雅子   Material : パステル
■本人のコメント
良くここまで描けました。すべて苦労しました。
■講師からのコメント
鉛筆型のパステルからソフトパステルに画材を移行し、より画面がはっきりとあざやかに、材質の厚味も加わりよい作品になって来たと思います。今後、パステルの特質を理解していくともっともっと作品が充実してくるでしょう。(市川伸彦)


   むかし下津井廻船問屋  Name : 林 宏治  Material : 透明水彩
■本人のコメント
のれんの色が気に入っています。格子の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
古の日本の建造物の寂のある風情が、鉛筆と水彩との絶妙な組み合わせにより描き表わされた作品ですね。モノトーンに近い色調の中、暖簾の青紫がワンポイントあざやかにきいています。(市川伸彦)


   浅草伝法院界隈  Name : 藤原 正巳  Material : 透明水彩
■本人のコメント
街の賑わいが何となく描写できたこと。人物とそのバックの光景。
■講師からのコメント
全体の調子がうすい黄色系でうまくまとまっており、何か懐かしさを感じさせてくれる絵です。空に一点の青がある事で、情感も深まります。多くの黄色系の色を良く使い分けた作品です。(渡辺聡)


   兆し  Name : 宮ア 邦子  Material : 日本画
■本人のコメント
散歩中に発見したもの(空が映った水溜りの美しさ、普段は平らな土が盛り上がった新鮮さ)に対する感動を表現出来ました。水溜りと土の質感が苦労しました。
■講師からのコメント
田越しの季・水溜りに写る空の青は萌え出ずる前の期待を孕む。簡潔に移る季節を把えたいい作品です。丹念に塗り重ねられた岩絵の具の質感は湿った土をみごとに表現し、また水溜りの水面と心地よい緊張感をもって対待しています。足元に美を発見し作品にまでされたことに感動しました。(北斗一守)


   Night In Vegas  Name : 宮田 寿子  Material : パステル
■本人のコメント
塔のところが気に入っています。噴水が苦労しました。
■講師からのコメント
歓楽の都、不夜城ラスベガスの千変万化の光の有様が、黒の地色の闇をバックにきらびやかに表現できた作品に仕上がりました。霧しぶく噴水が画面に統一の効果をあたえています。(市川伸彦)


   白昼  Name : もりもときくこ  Material : 日本画
■本人のコメント
虎次郎君のポーズ、前足のもこもこ感が気に入っています。ほんわかとした感じを出すのが大変でした。
■講師からのコメント
デッサンに徹し緻密に描かれた毛並み、小品ながらフォルムもしっかりして重量感を共い、どこともつかぬ白い背景のわずかな濃淡が空間の心地良い緊張感をかもしています。作者の眼しに愛情を感じます。(北斗一守)


   大好き  Name : 山内 おり  Material : 油彩
■本人のコメント
柔らかい絵が描けました。柔らかさを出すところが苦労しました。
■講師からのコメント
しっかりとした、描画を得意とするベテランの方ですが、最近はご自身の好きな甘い色調を前面に出す優しいイメージを描かれています。花の色香が空間に滲み出るような、ソフトで甘い印象。花そのものを描くというよりは、花を包む空気や心を表現されているようです。心地よい軽さの中に格調のある印象も持っています。(高畑彰)


   聖ヴァーツラフ教会  Name : 山口 光子  Material : 水彩
■本人のコメント
うっそうとした所に教会があるところが気に入っています。古い感じを出すところが苦労しました。
■講師からのコメント
異国感あふれる木造教会の造形が精緻に描き出されています。水彩の濃淡の役割もしっかりと生かせ、主人公の教会の存在感をきわだたせることができました。(市川伸彦)


   太陽の帰還(模写)  Name : Y.E  Material : アクリル
■本人のコメント
今までにないことを挑戦して、思ったより上手く出来ました。模写で作者のイメージを壊さないよう、自分の好きな色を入れる事が苦労しました。
■講師からのコメント
私の好きなノルウェー画家ネルドラムの作品を楽しくアレンジされました。大変難しい原画のテーマを個性豊かに表され、ガッシュの質感もおもしろく生きています。(森井宏青)


   夜明け前の教会  Name : 安達 慈由子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
夜明け前の青い空と光が苦労しました。
■講師からのコメント
透明水彩での夜の表現は仲々難しいと思います。が、今回の初の夜の風景への挑戦ですがマスキング等を駆使し、闇の中 浮かび上がる建物の情景がうまく表されました。ボウッとにじみ光る教会の照明がきいています。(市川伸彦)


   風景T  Name : 安部 りょう子  Material : 木炭
■本人のコメント
山と雲が気に入っています。トーンのとり方、水面と草原が苦労しました。
■講師からのコメント
風景の流れを上手くつかめたと思います。雪山の光の流れも美しく表現出来ています。水鏡の中の雲の表現が秀逸です。水墨の様な上品さが心地良い作品になりました。(橋雅史)


   モンテフリオの教会  Name : 神市 道子  Material : 水彩
■本人のコメント
見上げた先に見える教会の壁が気に入っています。遠近感が苦労しました。
■講師からのコメント
スペインのアンダルシア地方の小さな街モンテフリオでの現場スケッチを教室で加筆された作品。空がほとんど見えない難しい構図ですが、それを逆手にとって教会の存在感が際立つ構図となっています。手前のバルコニーや柵の捉え方からは絵画的な表現が身に付いていた様に思われます。(池田誠史)


   元乃隅稲成神社  Name : 神山 和佳子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
ススキの表情が苦労しました。
■講師からのコメント
岬につらなる奉納鳥居の赤い列、それを取り囲むススキの原、その先に広がる海の青、互々が水彩の淡いながら深味を感じさせる色合わせと、にじみや細かな重ねによる材質感によりうまく表現できた作品となりました。近から遠に行く空気感もよく表されていると思います。(市川伸彦)


   ベネチアの裏窓  Name : 越生 訓子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
洗濯物の描写が気に入っています。レンガの色付けが苦労しました。
■講師からのコメント
風光明媚なベネチアの風景と少し趣を異にする生活感のある別のベネチアが描かれた作品ですね。淡明色の色調で直線的に構成された互々建物が抽象画の色面構成の様な面白い緊張感を画面にあたえています。今作品でこの講座の最終となりましたがまたお時間できましたら新たな作品に取りくんで下さい。(市川伸彦)


   道化師  Name : 小谷 章  Material : クレパス
■本人のコメント
人物が気に入っています。背景が苦労しました。
■講師からのコメント
一輪車にのった芸人を静かなタッチで描いて、バックの空間をよく表現されています。観客を描かずに客を感ずるいい作品と思います。(田伏勉)


   つばき  Name : 芝田 玲子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
白い花が描けた事が気に入っています。
■講師からのコメント
一日一作づつ庭より手折った花々を描くシリーズも徐々にその作風も落ちついてき、満足のできるものとなり今回の登場となりました。最小限の手際で表現は難しいと思いますが、ほんの少しのにじみによる色の変化が花の表情の多くを語っている作品となりました。(市川伸彦)


   ホットショコラ  Name : 土肥 径子  Material : 油彩
■本人のコメント
コップを見る表情が気に入っています。コップの湯気、コップを持っている指の感じが苦労しました。
■講師からのコメント
前の仏像の表現が良い繋がりで今回の手の表現や物想いな顔の魅力を描き出せたように感じます。温かい「ショコラ」でホッとしているような体温が手や顔から伝わってきます。いつもの土肥さんの色彩感覚もその体温を感じる表現に繋がってきています。湯気に色感があるとより面白いでしょう。(弓手研平)


   コッツウォルズ  Name : 仲谷 納子  Material : 透明水彩
■本人のコメント
モノトーンで色や奥行を出せました。
■講師からのコメント
前回に続きモノトーンの作品ですが、今回はグリーングレイ その色調が画面に硬質な雰囲気を出させていると思います。にじみ、たらしこみ等の水による偶然の効果の利用の仕方、又その下地の置き様も上達してきました。他素材の混交も画面に重厚さを与えています。(市川伸彦)


   ぶどう畑の真珠  Name : 濱田 悦子  Material : 水彩
■本人のコメント
村の様子を表現出来ました。街並みのごちゃごちゃ感が苦労しました。
■講師からのコメント
ヨーロッパにある村(町?)の風情がペンと淡い色彩により緻密に、そして柔らかく華やかに描かれたと思います。微細な部分までペンにより描かれてはいるのですが、それが嫌味ではなく風景全体を引きしめていると思います。(市川伸彦)


   室生寺  Name : 深見 東司  Material : クレパス
■本人のコメント
建物(本堂)の重厚さが気に入っています。緑が苦労しました。
■講師からのコメント
緑の中の寺の風を感じる作品です。木々の表現がうまくとけあっています。光もやわらかくいい感じです。(田伏勉)


   コッツウォルズ  Name : 松本  Material : 透明水彩
■講師からのコメント
扱っている色調一つ一つは地味な色なのですが、その濃淡の使い方により色が輝きをもって表されたと思います。屋根や壁の質感もその古びた感じがうまく表現できています。あざやかな花の色がより画面を華やかにしています。(市川伸彦)