雪原  Name : A.O   Material : クレパス
■本人のコメント
水彩と同じモチーフに挑戦!難しかったです。
■講師からのコメント
日曜画材研究での資料をクレパスで描いた作品ですね。不透明画材(油絵具やクレパス)は最後にハイライトの白が入りますが、雪を描く場合はそのハイライト周りの白に微妙な影や色みを入れてほのかな差を作っておく事で、雪の柔らかさ、厚みを表現します。それがとても良く出来た作品です。(渡辺聡)


   ヴェネチア運河  Name : M.A  Material : 油彩
■本人のコメント
限られた色の中でヴェネチアの歴史観が感じられる表現が出来たのでは…と思います。白と青が基調色なので絵が単調にならない事と画面が冷たくならない様苦労しました。
■講師からのコメント
極めて巧みな筆使いで、力強く表現されています。二筆先の様子を考えながら描かれているような、余裕ある作品です。(森井宏青)


   I’hiver  Name : misa   Material : アクリル
■本人のコメント
布の感じを利用しつつ冬の雰囲気を出せればと思いました。人物画作品の中にどう入れていけるのか難しいですが、トライしていきたいです。
■講師からのコメント
作品全体で冬の空気感が上手く表現できています。雰囲気とリアリティの両立が今後の課題と言えるでしょう。(森井宏青)


   海月  Name : S.K   Material : 日本画
■本人のコメント
頭が気に入っています。足が苦労しました。
■講師からのコメント
短冊・掛軸のようなたて長画面による構成・暗い水底を漂う海月の浮遊感のある動きはいい感じです。また頭の透きとおったやわらかい描写もうまい。(北斗一守)


   無題  Name : Y.A  Material : アクリル、顔料
■本人のコメント
いろいろな技法を使って、屋久島の木々を画いたのですが、面白い作品になりました。
■講師からのコメント
非常にしなやかに、やわらかく表現出来ました。力強いマチエールの中に優しいタッチが入り混じり樹木が見る人に語りかけてくる様な気がします。(青木秀明)


   石造りの家  Name : 大森 一茂   Material : 透明水彩
■本人のコメント
石の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
画像では判りにくいですが、屋根にほのかな赤~青、それを重ねたムラサキが入っており、美しく響いています。特に黄の下地と混ぜすぎると黒が出てくるのですが、それを意図的に使う部分、使わない部分が分けられていて、良くまとまっています。(渡辺聡)


   紅葉  Name : 岡本 豊   Material : アクリルガッシュ
■本人のコメント
全体の色、紅葉の色の鮮やかさが気に入っています。落ち葉を浮き上がらせる為のブロックの描き方が苦労しました。
■講師からのコメント
与えられた課題に対して、試行錯誤を重ねた力作です。グラフィカルな構成とビビットな配色から、季節感のある動きや状況を感じさせ、幼いころの光景を思い起こさせます。(中田憲男)


   無題  Name : 木下 修  Material : 色鉛筆
■本人のコメント
ギターの質感が気に入っています。布のしわが苦労しました。
■講師からのコメント
この作品を観てまず驚かされるのは25号の大きな画面を色鉛筆で描かれているところです。青と黄色の色彩構成で、赤や緑がポイントとして散りばめられています。レコードジャケットの水平垂直に対して主役であるギターが斜めに描かれているため、退屈ではない画面になっています。(池田誠史)


   昭和石油 四日市製油所  Name :近藤 順司  Material :水彩
■本人のコメント
細かい幾何学模様を陰影で表すところが気に入っている点でもあり苦労した点でもあります。
■講師からのコメント
石油精製施設の直線的で複雑な構造物を濃い鉛筆の線の描画により、その幾何学的な面白さを表現できたと思います。互々の形や配置もバランス良く、淡い水彩もその形をこわすことなく絵にあったものとなっています。(市川伸彦)


   きゅうせんべら  Name : 榊原 紀代美   Material : 油彩
■本人のコメント
色あいが気に入っています。模様が苦労しました。
■講師からのコメント
良型のキュウセン、牡牝がぽってりと描かれております。ダイレクトにフォルムのおもしろさが表現されていますね。食にあまり適さない魚。緑色がオス、赤っぽいのがメス、明石では好まれ寿司でもいただくそうです。(大塚伸一)


   ワルシャワ旧市街の街角  Name : 坂本 正史   Material : 色鉛筆
■本人のコメント
古い街角の雰囲気が少しは出たかな?色も形も様々な建物を描き分けるのと奥行を出すのに手間どりました。
■講師からのコメント
スッキリとした心地の良い作品です。遠近の表現や描写には迷いがなく、鑑賞者は安心して作品世界へと誘われます。(池田誠史)


   果物とワイングラス  Name : 中村 仁   Material : 透明水彩
■本人のコメント
果物を引き立たせる為のバックの配色が気に入っています。バックの暗い色により果物を如何に表現するか、苦労した一作。
■講師からのコメント
物の立体感や空間を意識した絵で、果物の丸みや奥の空間が良く表現されています。特に奥の空間は微妙な色みの変化、明暗の変化がここち良く、ずっと観ていたい感覚にとらわれます。(渡辺聡)


   老木  Name : 七星 ゆりか   Material : アクリル、顔料
■本人のコメント
マチエールの複雑な線掘りが気に入っています。細い枝や幹の生命力が苦労しました。
■講師からのコメント
大胆かつ繊細に仕上がりました。とくに細部の表現が非常に神経が入っており、大木の命の鼓動が聞こえます。(青木秀明)


   酔っぱらっている女(ひと)  Name : 畑中 久子   Material : 木炭
■本人のコメント
構図が気に入っています。酔っている顔が難しかったです。
■講師からのコメント
単なるポーズから人間らしい内面を描くという人物画本来の目的を今回の構図と顔や肩、手の脱力感は非常に魅力的に表現出来ました。人物の強弱と酔っているというテーマが上手く合致しました。どのようなポーズやテーマでも同様に強弱を意識してみると良いでしょう。(弓手研平)


   大好きなルノアールより  Name : 原田 珠緒   Material : ソフトパステル
■本人のコメント
やさしい雰囲気が出てるところが気に入っています。顎のラインが難しかったです。
■講師からのコメント
ルノアールの油彩の調子に見られる色と色が混ざったりもつれたりし、また別の色を作り出して、それが陰影や形を成していく様子をパステルで再現するのはなかなか難しかったかもしれません。が、そこにオリジナルな判断を加え自分なりに解釈し、やさしい色調のやわらかなルノアールが出来上がりました。(市川伸彦)


   葛飾北斎『富岳三十六景神奈川沖浪裏』  Name : 藤原 正巳   Material : 透明水彩
■本人のコメント
原画の雰囲気が少し引きだせたかなと思います。波の描写が苦労しました。
■講師からのコメント
黄金曲線を用いた波の描写がとても良く再現されています。版画は色数がかぎられるのですが、それゆえに「省略された美しさ」があります。波部分の青3色(3色だけ!)も色あいをあわせて、美しく再現されていますね。(渡辺聡)


   バイブリ- 古い家並み  Name : 松本    Material : 透明水彩
■講師からのコメント
牧歌的なイギリスの田舎の風景のシリーズですね。今回も明るい色調で仕上がりました。ペンの下地ですが、その上に水彩での細かな描写が明るさの中に繊細さを加えています。(市川伸彦)


   やすらぎ  Name : 森田 順子   Material : パステル
■本人のコメント
見た人を優しくしてくれる笑顔が気に入っています。女性の方の手のバランスが苦労しました。
■講師からのコメント
今回はスポンジを用いたすり込みによるパステルの技法を用いましたが、その淡やかな表情が柔らかな陽光につつまれた、老夫妻のほのぼのとした雰囲気を醸し出しています。(市川伸彦)


   ストーンヘンジ  Name : 山岡 節子   Material : 水彩
■本人のコメント
石の表面が気に入っています。石の影の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
草原に屹立するドルメン、不思議な風景です。古の儀式の場なのでしょうか。一種の奇怪さも感じるような所ですが、ドローイングペンシルと淡い水彩によるふんわりとした着色で、なにやら楽しげな風景に変わりました。(市川伸彦)


   春の調べ  Name : 老ファンその一   Material : アクリル、顔料
■本人のコメント
下地作りがとても興味深かったです。ことごとく苦労しました。
■講師からのコメント
見上げた樹木の壮大なスケールが表現出来ました。樹皮の細やかな表情や動きのある枝は丹念に下地を作った証です。(青木秀明)


   小磯良平作品模写  Name : A.F  Material : パステル
■本人のコメント
顔が気に入っています。色合いが苦労しました。
■講師からのコメント
カタン、コロン!!制作中よくパステルを床に落とされます。雑音ではありません。人体の構造を詳細にとらえて着色しようとする行為、行動からの優しい音色です。描かれた婦人の眼差しには、そんな気持ちの詰まった描写が見てとれます。(中田憲男)


   曙  Name : 青木 恭二   Material : ソフトパステル
■本人のコメント
全体の色合いが気に入っています。樹木の色合いが苦労しました。
■講師からのコメント
今、正に日の出を向かえようとする寺院とその周りの樹木。神々しい光がそれらを照らし出そうとしています。凝った色合わせにより作られた一見モノトーンに思わせるおさえた色調が、未だ光りとどかぬシルエットの樹木、寺院と朝霧を輝かせながら広がる遠風景の対比をうまく表現した作品だと思います。(市川伸彦)


   青い馬と少女  Name : 池田 素子   Material : パステル・水彩
■本人のコメント
色が気に入っています。デフォルメする事が難しかったです。
■講師からのコメント
一見、シャガールのような、また別の世界のような色彩の非常に美しい新しい池田さんの絵画空間が生まれたように思います。形を基本を踏まえて描きつつ、安易な崩し方に走らず、形と色彩の微妙なバランスを保っているところにデッサン力を感じます。今回の感覚が今後の制作にどのように活かされていくか楽しみにしています。(弓手研平)


   いつもの散歩道  Name : 岩岡 良子   Material : アクリルガッシュ
■本人のコメント
犬の毛のフワフワした質感が先生に教えてもらって良く表現出来ました。犬と周りとの質感の違いが苦労しました。
■講師からのコメント
愛情豊かに、しかも大変こなれた技術で作画されました。あっさりと描かれていますが、表情が深く身内だけでなく誰からも大切に思って頂けるような作品です。(森井宏青)


   オシャレなサイ君  Name : 早瀬 幸子   Material : 油彩
■本人のコメント
サイの色が気に入っています。足元の草の部分が苦労しました。
■講師からのコメント
いつも独自の表現で可愛い動物たちを描いて楽しませてくれます。今回はサイ。ユーモラスな表現が早瀬さんの明るい人柄を伝えてくれて大変癒されます。背中に乗った小鳥も可愛いですね。(大塚伸一)