『盛り鉢』 Name : 三井 るり子 Material : 透明水彩
■ご本人からのコメント
私にしては調子よく進んだ絵ですが、もう少し複雑な色合いも必要かなと思います。
■講師からのコメント
優れたデッサン力に支えられ、控えめなトーンの中で、透明水彩のデリケートな色調が良いです。(澤田嘉郎)


    花瓶 Name : 南建 Material : 油彩
■ご本人からのコメント
特にありません。
■講師からのコメント
花のピンクとポットの白、それらを包み込む青の背景。それぞれのトーンが正しいヴァルールで存在して、美しい空間を造っています。また、ピンで止めてある紙もアクセントになって楽しい。(澤田嘉郎)






   ホクシップペッツ Name : 黒田 記子 Material : 銅版画
■ご本人からのコメント
暗中模索の日々です。抽象画の入口の前に立てたかなと、ちょっとハッピーです。
■講師からのコメント
線による表現が多様で黒一版の作品ですが、色味を感じます。小さな画面の中に宇宙のような拡がりのある豊かな作品です。(馬場知子)


   牡丹 Name :直江 真樹子 Material : 油彩・パネル
■ご本人からのコメント
初めてパネルに古典技法で描きました。明暗を意識する良い勉強になりました。
■講師からのコメント
「古典技法(明暗法)で油絵を描く」の2作目で、支持体がキャンバスからパネルに、サイズもずっと小さくなりました。前回の静物の時には物と物の位置、空間を捉えることに苦労をしていました。今回はさらっと完成。下絵の明暗を生かしつつ、宇宙に咲く花のような浮遊感のある作品になりました。(松原容子)


    バラ Name : 如信 Material : 油彩・パネル
■ご本人からのコメント
初めてのパネルで古典技法。もう一度やってみたい技法である。
■講師からのコメント
「古典技法(明暗法)で油絵を描く」の2枚目です。1枚目の静物(F8)の時より、ずっと短時間で描けました。支持体がキャンバスからパネル(ジェッソ下地)へ変わったことで、絵に筆跡が残ります。そこに苦労があったようです。葉の部分にもう少し光の表現があると尚良いですが、重厚なバラの感じがとても良く描けていると思います。(松原容子)


   想奏 Name : j i j i : 水彩色鉛筆・透明水彩    
■ご本人からのコメント
老人の想い、雰囲気、存在感を少しでも描けたらと思い、チャレンジしました。
■講師からのコメント
アコーディオンを弾く老人をとても丁寧に描いています。さらにその老人を取り囲む雰囲気を大切にし、味気なくなりそうな壁面もとても魅力的に色の変化も美しく、精密に描いています。綺麗な色味、精密な描写が上手なjijiさんらしい素晴らしい作品です。(板井香)


   ジャカランダ Name : 中居 玲子 : アクリル絵具
■ご本人からのコメント
長年育てたジャカランダを伐り、処分前に画材にしてみました。
■講師からのコメント
かつて御覧になられた美しい紫色のジャカランダの並木を背景に、長年愛情を注いで来たジャカランダの幹は静物画の中に転生しました。制作の過程に於いては、仕舞い込んでいた記憶を蘇らせました。今後はお部屋に飾られて、新たな思い出を作り出し続けることと存じます。(安田敦夫)


    遠くへ Name : 鶴見 千恵子 : 透明水彩
■ご本人からのコメント
生まれて初めて乗った電動自転車。ずうっと遠くまで連れていってくれました。
■講師からのコメント
作者が乗ってきた自転車を降りて、漕いできた道を振り返ったときの感動が伝わる、いい絵になりました。遠くの森や道端の草むらの何気無い表情に作者のセンスを感じます。(加藤丈史)


    ミモザ Name : 林 美津子 : 透明水彩
■ご本人からのコメント
ミモザの華やかさを、すこしは出せたかな、、、。
■講師からのコメント
花を描くときに大事なのは、「構造」を理解することです。生き物にはその形や成り立ちに必ず秩序があります。それらを理解してから描くことを心がければ、どのような表現方法をとったとしても絵の中に説得力が生まれます。(加藤丈史)