初秋の木曽路 Name : Y・B Material : 油彩
■ご本人からのコメント
まだまだですが、自分なりにがんばって続けたいと思っております。
■講師からのコメント
秋の色感をみどり色で表現することは少々難しい着色となりますが、光の質感と距離感をもたらす色を下に置き、その効果をみどり色にうつすことで、初秋の深く冷えた凛とする昼下がりの空気感を表現することに成功された作品となっています。(阿曽沼明)


    あじさい Name : 蕪木 さつき Material : 水彩
■ご本人からのコメント
着彩しすぎないことで明るさのある作品に仕上がりました。
■講師からのコメント
紙の白を光の色として効果的に表現され、よく描かれた作品だと思います。個色のもつ視覚的な質感を巧みに用いられたライトな透明感からも、作者の意図を感じられる素敵な作品です。(阿曽沼明)






   イギリスの村 Name : 光中 博美 Material : 透明水彩
■ご本人からのコメント
一度は行ってみたい所。心安まる風景。
■講師からのコメント
以前も、違うアングルからこの風景を描きましたが、前回よりも石壁や屋根の描き方が豊かになっていると感じます。色彩も、自分の感じた色を風景に上手く馴染ませていると思います。この調子で色作りを楽しんでいけたら良いですね。(笠原宏隆)


   青い館 Name :直江 真樹子 Material : 裏張りキャンバス、油彩
■ご本人からのコメント
キャンバスを裏にして張り、スケッチ風に描きました。描き込みすぎず、裏地をいい感じに残すことを目指しましたが、、、。
■講師からのコメント
古典技法での制作中に息抜きの作業として「裏キャンバスの地色を生かし短時間で荒描きする」という事を提案しました。塗りつぶさないで、独特の空間が生まれ、味のある小品が出来たと思います。(松原容子)


    はぐくみ Name : 高木 玲子 Material : 銅版画
■ご本人からのコメント
真暗な巣の中から見上げているフクロウの赤ちゃんの、可愛くて強い眼に魅せられて、版画にしてみました。
■講師からのコメント
メゾチントの特性を生かして、フクロウの赤ちゃんのやわらかい羽毛の質感がうまく表現できました。右上に花を配してあり、作者の新しい生命を慈しむ気持ちが伝わってきます。(馬場知子)


   楽しく教室で Name : 鶉 享子 Material : 水彩    
■ご本人からのコメント
先生と友達と話し乍ら、楽しく作品に取り組んでいます。
■講師からのコメント
ひとつひとつのモチーフの描写がしっかりしていて画面構成もよく考えられています。ビビットな色が効いた楽しい画面です。画面の周囲のカラフルなドットがいいですね!(馬場知子)


   「静かな時」 Name : 井草 久美子 Material : 水彩
■ご本人からのコメント
「静かな時」も「静かでない時」も、あっと思う間に時間の過ぎてしまうのが不思議です。
■講師からのコメント
モチーフの影の描写には特に時間をかけ、作品の見どころとなりました。色味をおさえたシンプルな構成ですが、グレーのニュアンスが豊富でデリケートで美しい画面です。(馬場知子)


    芍薬 Name : 中居 玲子  Material : アクリル絵具
■ご本人からのコメント
芍薬があっと思う間に開き、筆が追いつかず困りました。
■講師からのコメント
描いている傍から形を変え、作品の完成を待たずに散ってしまった芍薬を、追想しながら大切に制作をされたことが画面から伝わって来ます。一瞬甘くて直に口の中で消えてしまう砂糖菓子が描き添えられ、花の儚さを象徴しているようです。上品な青い背景が芍薬を際立たせ、格調高い作品に仕上がりました。(安田敦夫)


    鞆の浦にて Name : 山田 幸男 Material : 透明水彩
■ご本人からのコメント
風景はあまり描かないので、雲の表現に苦労しました。
■講師からのコメント
普段から彩色する前にしっかりデッサンをしているので建物のゆがみも無く、奥行き(パース)も正確なので安心して鑑賞することができます。陰影をしっかりとつけることで光の強さや立体感をより強調することができました。(加藤丈史)


    花のある生活 Name : 平出 智子  Material : 透明水彩
■ご本人からのコメント
加藤先生の丁寧な御指導により、楽しいレッスン時間を過ごせました!
■講師からのコメント
ピンク色のバラがとても上品に描けていると思います。特に葉の色味が自然で、花びらの淡いピンク色を引き立ててくれています。彩色の段階でも「塗る」ではなく「描く」意識で制作することができている作品です。(加藤丈史)