オーストリア・ハルシュサット  Name : O.A   Material : 透明水彩
■講師からのコメント
紙の白を美しく出せた作品です。遠景~中景~近景で、だんだんとコントラストが強くなる度合いがバッチリ調節されており、とても観やすい、もしくは自然に観れる作品でもあります。(渡辺聡)


   男  Name : 斉藤 忠臣   Material : アクリル
■本人のコメント
苦手な赤をおもいきって大胆に使ったり、タッチを荒くしたり、普段とは違う制作方法を試しました。下からのライトによる陰影の表現、強弱の加減が苦労しました。
■講師からのコメント
モデルモチーフ、対象物を常に丁寧に観て描く斉藤さんのスタイルにはいつも敬服しております。その中でやや常識的な固有色や説明的な触感に流されがちなところがありますが、今回は色彩、タッチ、マチエールにおいて大いに建設的な冒険が出来、それがむしろいつも以上に観て描いた普遍的な説得力を持つ秀作となりました。この感覚を常に意識してみて下さい。(弓手研平)


   アーティチョーク  Name : 下川 加代子   Material : クレパス
■本人のコメント
モダンに仕上げる事が出来ました。クレパスの表現の幅を広げる事が出来ました。あえて描かない部分をつくったところが苦労しました。
■講師からのコメント
すずしげな画面がとても美しいです。大きな空間を入れた構図が生きています。色のバランスもいいと思います。(田伏勉)


   滝  Name : 中村 仁   Material : 透明水彩
■本人のコメント
滝と滝ツボの表現は満足です。滝の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
夏らしい彩度の高い青とミドリ、その中にまぶしいほどの白…といった色の構成が素晴らしい作品ですね。又、水しぶきが霧となって水面上にひろがっていく描写がとてもうまく描かれていて感心します。滝そのものは描き過ぎず、周りの描き込みで「滝らしさ」が表現された良作です!(渡辺聡)


   ストラスブール  Name : 濵田 悦子   Material : 透明水彩
■本人のコメント
木組みの家の雰囲気が出せました。水の映り込みが苦労しました。
■講師からのコメント
これまでは淡い水彩を素描の線表現を生かす様に描いた作品が主体でしたが、今回の作品は水彩が主体となった水彩画らしいしっかりとした作品となったと思います。素描的なものも単的で楽しく面白いのですが、こういう作品も間にはさむと描き込む面白さを味わうことができるでしょう。(市川伸彦)


   山寺  Name : 林 宏治   Material : 透明水彩
■本人のコメント
緑が難しかったです。
■講師からのコメント
樹木の緑の表現に対しての苦手意識を持っておられますが、全体として見ると単的に表された軽やかな色調が、画面にさわやかな空気感を与えていると思います。(市川伸彦)


   神戸布引ハーブ園  Name : 深見 東司   Material : クレパス
■本人のコメント
屋内から外を描くのが初めてなので苦労しました。
■講師からのコメント
扉の向こうは何があるのか興味をそそられます。細かな描写もうまく表現できましたね。逆光の美しさがよく出ています。(田伏勉)


   山上の蔦の家  Name : 藤原 正巳   Material : 透明水彩
■本人のコメント
蔦の描写が苦労しました。
■講師からのコメント
強い日差しとそれによってあらわれる葉の陰影がうまく描けています。道におちる影も蔦の立体感を出しつつ、日差しの強さが適した表現でされており、トータルバランスのとれた作品です。(渡辺聡)


   ベルギーのアントワープのレストラン  Name : 松本 たづ子   Material : 透明水彩
■本人のコメント
お花が気に入っています。影が苦労しました。
■講師からのコメント
華やかであざやかなお店の入り口の色彩豊かな装飾が色をにごらせる事なく、可愛らしく表現できたと思います。これまでのおちついた自然の描写とは趣きをかえてこういったものの捉え方もまた一興です。(市川伸彦)


   大原風景  Name : 村山 彰   Material : 透明水彩
■本人のコメント
山里の初夏の空気感の表現が苦労しました。
■講師からのコメント
種々の樹木の緑を色彩豊かに表し、それが最遠景の山々から徐々に濃度やコントラストを強くし遠近の差による空気、空間を表現しています。ブラシワークの活用法も段々と上達してきています。この丹念さを今後の作品に生かしていきましょう。(市川伸彦)


   Cafe  Name : M.A   Material : 油彩
■本人のコメント
昼下がりのカフェの雑然とした空気感がうまく表現出来たのではと思っています。店内の椅子や人物の配置と描写に神経をつかいました。
■講師からのコメント
難しい題材をリズミカルに、しかも限られた色彩を有効に使いこなし作画されました。素晴らしい!(森井宏青)


   無題  Name : 阿路 恵   Material : クレパス
■講師からのコメント
暗めの背景(舞台)に明るい衣装が良く映えます。バレリーナのポーズもうまく描けており、躍動感を感じるものと静止したキレイな「ビシっと」きまったポーズ(後ろの人物)がおもしろい対比の絵になりました。又、画像では判りにくいですが衣装のレースもうまく処理されています!(渡辺聡)


   花  Name : 芝田 玲子   Material : 透明水彩・パステル色鉛筆(白)
■本人のコメント
りんどうの花が優しく描けました。赤と白の小さな花を描くのが難しかったです。
■講師からのコメント
一日一作の植物画の表現法としては細部をある程度省略し、スピーディーな筆、絵具の使い様が求められるのですが、今回は手早い描き込みながら細部にまで神経の行きとどいた作品に仕上がったと思います。ウェットインウェットでの葉の濃淡の表し方が美しいです。(市川伸彦)


   山歩き  Name : 仲村 雅子   Material : パステル
■本人のコメント
山に行っている感じが出せました。山、自然を描くことが苦労しました。
■講師からのコメント
高原のさわやかな空気の感じられる作品となりました。標高が高めの位置にある樹木や山々の青みがかった色調がうまく表現され、ポイントとなるロッジや人物のリュックの赤があざやかです。(市川伸彦)


   南の島  Name : 舩井 移津子   Material : ミクストメディア
■本人のコメント
構図が決まり技法として使用した塩が良い役目をしてくれました。人物の顔、特に帽子下の影の部分が苦労しました。
■講師からのコメント
塩下地と実際のモデルポーズを現場で組み合わせて舩井さんのイメージする完成像に上手く構成出来ました。ウクレレの音が塩下地に共鳴して心地良いです。墨色と人物コスチュームの彩度のバランスもキレ良く感じます。完成像を始めからイメージ出来るチカラが上手くいった作品で、更に人物を描き込み人間の存在感、深みを追求していけると益々面白くなることと思います。(弓手研平)