無題  Name : 竹中 佑一  Material : 透明水彩
■本人のコメント
田舎の雪景色と雪の感じが気に入っています。水面に映った感じを出すのに苦労しました。
■講師からのコメント
雪夜の古民家がとても良い雰囲気で描かれていますね。更に収穫の終わった田にたまった水に映る古民家の像もあり、難しい要素の多い絵でしたが雪の表現も含めてうまく描けています。(渡辺聡)


   静物(花と果実)  Name : 中村 仁   Material : 透明水彩
■本人のコメント
静物とバックのバランスに努力しました。多数の花と果物、果物カゴの表現方法に苦労しました。
■講師からのコメント
はなやかな静物を丹念に描ききった力作ですね!花の色を濁らせない、籐かごの目の奥にある果物の一体感など細心の注意を払った水彩技術が際立ちます。背景のグリーンも奥行をもたせつつ静物をひき立てる適度な色あいですね。(渡辺聡)


   オリーブとアヤメの庭  Name : 仲村 雅子   Material : ソフトパステル
■本人のコメント
奥の空間が気に入っています。花びらの部分が苦労しました。
■講師からのコメント
初夏のきらめく陽光の降りそそぐ庭の緑の鮮やかさがパステルの美しい色で描かれました。少々お手伝いした部分もありますが、しっかりと色を塗り込んだ画面は生き生きとした自然を感じさせます。(市川伸彦)


   石膏像  Name : ニッチ   Material : 鉛筆
■本人のコメント
このデッサンは誤謬に満ちたものになってしまいました。原因は描く技術のみならず、思い込み、計測方法にありそうです。何とか修正しようと試みましたが、最後までそれが出来ずに終わってしまいました。日数はかかったのにこの出来上がりにがっかりです。それでも「もう一丁」という気持ちが残っていることだけが救いです。
■講師からのコメント
石膏像の2作目。ご自身の素直なものの見方により「気づき」が生まれたと思います。制作中、まだまだ部分的な描写と手直しに時間を費やすことが多いため、全体のバランスにズレがみられます。広い視野を、比較を、息のながい線を心がけましょう。焦ることなく、こつこつです。(中田憲男)


   いもぼう  Name : 林 宏治   Material : 透明水彩
■本人のコメント
冬の感じを出す事が苦労しました。
■講師からのコメント
多くの要素が入り組んだ画面ですが、其々の役割がしっかりなされ、物のあり方、色のバランス等、調和され一つの画面にしっくりとおさまりました。密度のある作品として完成されたと思います。(市川伸彦)


   陽(ひ)在りて咲く  Name : 明天   Material : 油彩
■本人のコメント
背景の色が気に入っています。重みのある花瓶と光の入り方が苦労しました。
■講師からのコメント
こころ惹かれる題名 ― 想いと手法が程良くマッチし、穏やかであたたかな、しっとりとした作品に仕上がっています。きわめて薄い絵具を何度もかさねた筆さばきは、背景をはじめとする豊富な色彩を美しく輝かせ、芳ばしい香りただよう花々も小気味よく描ききることに成功しています。わき出る気持ちの行き届いた力作に、乾杯!!(中田憲男)