昼顔 Name : 中居 玲子  Material : アクリル
■ご本人からのコメント
道端のつつじに絡まって咲いている昼顔を一蔓取って描いてみましたが、バックの色に迷いかきました。
■講師からのコメント
可憐な中に野性味を残している昼顔の魅力が良く表現されていると思います。各所で試行錯誤を繰り返された成果として、都市の片隅で逞しく生きる昼顔の本質部分が伝わって来るように感じられる作品です。(安田敦夫)


   エストニアの風景(バルト3国) Name : S・A Material : 水彩
■ご本人からのコメント
すがすがしい朝の湖畔にて。
■講師からのコメント
描き始めてから割と早く仕上がった作品です。おそらく頭の中にしっかりとした完成のイメージがあったのでしょう。手前の岸辺に咲く花や岩がとても自然に描けています。緑色に奥行きを考えた工夫がみられます。(加藤丈史)


   ゆり  Name : 矢壁 貞江 Material : 水彩
■ご本人からのコメント
久しぶりに花を題材にして心落着くひとときでした。しかし難しかったです。
■講師からのコメント
丁寧に細部まで描かれた作品です。作者のモチーフに対する真摯な姿勢が感じられます。背景は講師が手を加えたので評価しづらいのですが、今後の制作に生かしていってほしいと思います。(加藤丈史)


  グリニッジの礼拝堂 Name : 小笠原 直子 Material : 水彩
■ご本人からのコメント
「きれいすぎて現実味がない。」というのが先生の講評でした。そこで建物の存在感を消し、圧倒的な緑がメインになるよう修正しました。構成をもっとしっかり考えて描き始めねば、と思いました。
■講師からのコメント
今回の作品を通して「リアル」とは何なのかを考えるいい機会になったと思います。目に映る表面的な色彩を追うだけでは表現できないものもあるのです。作者には一段高いレベルを要求しています。(加藤丈史)


   おひるねタイム Name : Chie.g Material : 鉛筆
■ご本人からのコメント
2匹の子ねこがお花の下で気持ちよさそうに寝ている雰囲気が出るように描きました。
■講師からのコメント
人形の猫の毛の質感や籐のカゴの質感表現はなかなか良い感じに描けています。制作の途中で鉛筆の芯を立てずに寝かせた状態でざっくりと調子をつけると、立体感がでます。(加藤丈史)


   「ムルナウの風景」ヤウレンスキー模写 Name : 直江 真樹子 Material : 油絵
■ご本人からのコメント
初めて模写をしました。なかなか自分では作れない世界、色の組み合わせ、などなど学ぶところは多かったと思います。
■講師からのコメント
画面を擦らずに絵の具をたくさん付けることが、火曜日の油絵講座の課題でしたので、2018年の前半は印象派以降の名画の模写をすることにしました。普段あまり使わないピンクや青、黄色などを隣同士にたっぷり置くことに成功したと思います。(松原容子)


   「オーヴェル教会」ゴッホ模写 Name : 福島さん Material : 油絵
■ご本人からのコメント
細かな筆タッチが難しかった。光の方向が考えられない、反転している。
■講師からのコメント
筆の速い、そして達者な福島さん。難しそうなこの絵もテキパキと進めてゆきました。スゴイ・・・・(松原容子)


   「青い花瓶」セザンヌ模写 Name : 宗像 君江 Material : 油絵
■ご本人からのコメント
セザンヌがどのような技法で描いたのか、考えながら描きましたが、結局よくわかりませんでした。
■講師からのコメント
難しいセザンヌに挑戦した心意気に感服です。イメージと絵の中の現実の違いに翻弄された日々でした。よく完成させたと思います!静物の特に前後の位置関係が線や筆の荒いタッチで表現されていたことを覚えておいてくださいね。(松原容子)


  「日傘の女」モネ模写 Name : 赤芝 安子 Material : 油絵
■ご本人からのコメント
モネのタッチに憧れ挑戦してみましたが、草原が難しくて苦労しました。
■講師からのコメント
空に魅かれたと。地面の草むらに苦労した様子でしたが、全体に爽やかな夏の風の吹く気温や日差しを感じる作品になりました。スカーフで包んだ顔もおもしろいです。(松原容子)


   「ムルナウの風景」ヤウレンスキー模写 Name : 西脇 京子 Material : 油絵
■ご本人からのコメント
模写に挑戦しました。筆使いや同じ様な色をつくり出せず、苦労しました。
■講師からのコメント
画面を擦らずに絵の具をたくさん置くということが課題でしたので、2018年前半は印象派以降の作品の模写。小さい画面ながら強さのある作品になりました。(松原容子)