大樹    Name :榎本節子    Material :水彩
■ご本人からのコメント
イチョウの木の大きさに魅せられました。
■講師からのコメント
1本の樹木の太さを思い切ったトリミングで縦に割り、樹の興味深い輪郭線を画面中央に配置したことで、左の余白の美が挑戦的に非凡になりました。道の横方向の黄とオレンジの重層的なリズムの上に半円形の植込みの緑が美しく、その上に直角三角形の空間を形成し、さらに上から下へ伸びる曲線の枝のカーブは斬新で個性を発揮されました。(中村豪志・ひろみ)


  真夏の夢  Name :K.M  Material : アクリル
■ご本人からのコメント
夢に現われた幻想的な花の美しさを描きました。
■講師からのコメント
都会的夜景のイメージを完成前に最終的に入れたということが、作品の質をテーマとして高めました。鮮やかな色彩を大胆に使いながらコントロールしており、力量を感じます。単なる写実に留まらず、寒色の分量を大きく、その中にわずかな暖色を入れ、実に華やかな植物画を、ただ美しいというだけでなく芸術性を加えました。伸び伸びとして素晴しいです。(中村豪志・ひろみ)


   色づき始めた新宿御苑 Name :Mika Material : 水彩
■ご本人からのコメント
江戸時代には、この道も馬で駆けていたのでしょうか!?そんな事を考えているとシラサギが舞い降りた。
■講師からのコメント
3本の表情豊かな針葉樹を辿る時間の幅を絵画平面の中に盛り込んでいるような、東洋(日本)的な美意識が根底に感じます。手前左の植込みから右の球形の重なりへと続く若草色がさわやかで、わずかな赤が効いており、その木の影の中に彩られた赤味が静寂ながら華やかさも加味したことが、さらりとしながら完成度を高めました。(中村豪志・ひろみ)


  花  Name : 中居玲子  Material : アクリル
■ご本人からのコメント
バックの処理を迷い乍ら描きました。
■講師からのコメント
鉢花とインコの置物の配置。それから緻密な描写が、鑑賞者に物語を想像させるだけの含蓄がある力作です。背景に射し込む強い光が、更に想像を膨らませます。(安田敦夫)


 平林寺の秋  Name :山田幸男  Material :水彩
■ご本人からのコメント
遠くの木々の描写がむずかしく苦労しましたが、先生のアドバイスでなんとか仕上がりました。
■講師からのコメント
大胆な構図で迫力のあるいい構図です。鐘楼の天井や柱、鐘の色や質感がよく表現されています。遠景の木々は色の彩度が落ち、表情もハッキリ見えなくなるから奥行きが生まれるということを、これからも意識していきましょう。(加藤丈史)


 秋空を染める(東御苑)   Name :倉片靖子   Material :水彩
■ご本人からのコメント
東御苑シリーズ。赤く染まるもみじの大木を見あげ絵に描きたいと思い描きましたが、葉のにごりの無い色、グラデーションにする事が大変むずかしかったので、こらからの課題です。
■講師からのコメント
オレンジ色や赤は濁ってきたなくなりやすい色なので、難しいと思いますが、何回もチャレンジしていくうちにコツをつかんでいけると思います。もみじの大木を見上げた高さと奥行きのスケール感はよくでていると思います。(加藤丈史)


 しゃぼん玉   Name :小笠原直子   Material :透明水彩
■ご本人からのコメント
しゃぼん玉をつかもうとする孫の表情を描きたかったので、周囲を消しました。一方で目や口をしっかり描きすぎると絵の中の人物としておかしい、ということもご指導いただきました。
■講師からのコメント
人物を描く際に気をつけたいのは『似顔絵』にならないようにすることです。ついつい力んで目鼻口に執着して描きがちになりますが、人物のいる空間や状況、距離感を考慮して顔の見え方を合わせるようにしましょう。(加藤丈史)


 モスタルの景色   Name :早川美恵子   Material :水彩
■ご本人からのコメント
全体に先生のご指導で好きな絵になりました。
■講師からのコメント
下描きのデッサンの段階からよく描けていたと思います。彩色に入ってからも光を意識して陰影をしっかりつけていったので、画面の中に広々とした空間・奥行きが生まれています。(加藤丈史)


 春の支度(桜習作)   Name :Y.H.   Material :水彩
■ご本人からのコメント
樹木表現の練習に桜の木を選びました。まとっていた葉を全て落としていますが、枝先には新しい季節の支度がすでに始まっています。足元の木々や見せ場の作り方など丁寧に先生にご指導いただき、どうやらまとめる事ができました。
■講師からのコメント
桜を描くにはまず枝ぶりをよく観てみようということで、花が咲く前の状態の桜を描きました。習作ではありますが、桜の木が堂々としていて、末端の枝までしっかり描かれています。次回、花の咲いた状態の桜を描く際の参考になると思います。(加藤丈史)


 シンデレラ   Name :Chie.I   Material :鉛筆
■ご本人からのコメント
時間に追いかけられているシンデレラの心を作品に表わしました。
■講師からのコメント
毎回テーマをしっかり持ってモチーフを選ばれているので物語性もあり、楽しく制作されているのではないでしょうか。デッサンの出来としても質感の描き分けができていて力作だと思います。(加藤丈史)


 瑞牆山   Name :梶田曄   Material :パステル
■ご本人からのコメント
まだ元気で若い頃、友達10数名での思い出深い山行でした。百名山のテレビの映像をスマホで撮影して先生の助言を頂き、ルノワールの手法を参考に描いてみました。
■講師からのコメント
山から岩が生えているかの様な面白い風景でしたね。ルノワールを参考にしましたが、まったく新しい梶田さんらしい印象派の作品に仕上がりました。素敵な作品ですね。(笠原宏隆)


 桜   Name :近藤多恵子   Material :水彩
■ご本人からのコメント
思いもよらない大きなしだれ桜を先生に選んでいただき、不安でしたが、先生の手直しの結果とても素敵な桜ができました。嬉しいです!
■講師からのコメント
逆光でとても難しい構図でしたが、雄大な枝垂れ桜が描けましたね。桜の色も複雑に塗り分けられていて、桜の動きが良く表現できていると思います。次の作品も筆の動きに注意して描いてみてください。(笠原宏隆)