株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口

画材の違いについて

クレヨンとクレパス®の違い

クレヨンは、クレパスよりやや硬めで紙の上を滑るように塗れます。線描に向いていて、濃淡や強弱のない均質な線が描けるので、クロッキーやスケッチなどの素描作品に適しています。また、線で表現することが主体になる低年齢の幼児などに適しています。

組成・製法面 顔料┼合成ワックス(多)┼体質顔料=融解→棒状成型
特性面 [1] 硬質
[2] 線描に適している
[3] 水彩絵の具との併用→絵の具をはじいた表現が得られる
[4] 混色・重色はしにくい

クレパスは、クレヨンより軟らかく伸びがよいため面塗りに適しています。べっとりと厚塗りできるので、混色・重色・ぼかし・盛り上げ、ひっかきなど様々な技法を使って幅広い表現ができます。

組成・製法面 顔料┼合成ワックス(少)┼液体油┼体質顔料=融解→棒状成型
特性面 [1] 軟質
[2] 面描に適している
[3] 水彩絵の具との併用→絵の具をはじいた表現が得られる
[4] 混色・重色・ぼかし・盛り上げ・ひっかきができる

※「クレパス」はサクラクレパスの登録商標です。
「クレパス」の一般名称はオイルパステル(油性)です。

マット水彩®と透明水彩の違い

特性シート

マット水彩は、水分の量を調節することにより、透明調にも、不透明調にもなる半透明水彩絵の具です。(水を多くするほど透明調に、水を少なめにすると不透明調になります)
(※「マット水彩」はサクラクレパスの登録商標です。)

透明水彩は、透明調なので、下地を活かした絵や重色効果を活かした絵を描くことが出来ます。(絵はがきなど)


マット水彩®とマット水彩マルチの違い

特性シート
マット水彩マルチの特徴

マット水彩マルチはマット水彩に以下の特徴が追加されています。

ペットボトルや牛乳パックにも描画できます(※プラスチックに描いた作品の長期保存には向きません)
ガラスやビニールなどの平滑面に描いた際、水拭きや水洗いで簡単に落とすことができます。


マット水彩®とポスターカラーの違い

特性シート

マット水彩は、水分の量を調節することにより、透明調にも、不透明調にもなる半透明水彩絵の具です。(水を多くするほど透明調に、水を少なめにすると不透明調になります)

ポスターカラーは、水分量を調節しても不透明調のままの絵の具です。不透明調なので、下地を塗りつぶす事ができ、大きな面でもムラなく塗ることが出来ます。


マット水彩®とアクリルガッシュの違い

特性シート

マット水彩は、水分の量を調節することにより、透明調にも、不透明調にもなる半透明水彩絵の具です。(水を多くするほど透明調に、水を少なめにすると不透明調になります)バインダー(顔料を定着させる糊)に水溶性樹脂を使用しているので、乾燥後も水に濡れると絵の具が溶けます。

アクリルガッシュは、水分量を調節しても不透明調のままの絵の具です。バインダー(顔料を定着させる糊)にアクリル樹脂を使っているため、一度乾くと耐水性になり絵の具が水に溶けません。(筆やパレットに絵の具を付けたまま放置すると固まりますのでご注意下さい)


アクリルカラー・アクリルガッシュの特徴

アクリル絵の具は、大きく分けると透明調のアクリルカラーと不透明調のアクリルガッシュとがあります。共通の特長としては、接着力が強く、紙以外に木・布・金属・プラスチック・発泡スチロールetc.幅広い 材質に着色することができ、乾くと耐水性になる点で、ここが水彩絵の具と大きくちがうところです。 また、各種メジュウムとの併用により、多彩な技法が使えます。

アクリルカラーの特長は、透明調で乾くと艶があり、油絵の具のような力強い表現が水彩絵の具を使う 手軽さで楽しむことができることです。 一方、アクリルガッシュの特長はポスターカラーのように不透明調で乾くと均一な艶消しになります。

アクリル絵の具を扱うにあたっての注意点は、乾くと耐水性になりますので、絵の具が付いたパレット、 筆などは長時間放置せずにこまめに洗うようにしてください。 また、衣服などについた場合は、すぐに洗ってください。

ポスターカラーと工作ポスターカラーの違い

工作ポスターカラーの特徴

工作ポスターカラーはポスターカラーに以下の特徴が追加されています。

ペットボトルや牛乳パックにも描画できます。(※プラスチックに描いた作品の長期保存には向きません)
ガラスやビニールなどの平滑面に描いた際、水拭きや水洗いで簡単に落とすことができます。

ポスターカラーとアクリルガッシュの違い

特性シート

ポスターカラーは、不透明調の絵の具です。不透明調なので、下地を塗りつぶす事ができ、大きな面でもムラなく塗ることが出来ます。バインダー(顔料を定着させる糊)に水溶性樹脂を使用しているので、乾燥後も水に濡れると絵の具が溶けます。

アクリルガッシュも不透明調の絵の具ですが、バインダー(顔料を定着させる糊)にアクリル樹脂を使っているため、一度乾くと耐水性になり絵の具が水に溶けません。(筆やパレットに絵の具を付けたまま放置すると固まりますのでご注意下さい)


アクリルカラー・アクリルガッシュの特徴

アクリル絵の具は、大きく分けると透明調のアクリルカラーと不透明調のアクリルガッシュとがあります。 共通の特長としては、接着力が強く、紙以外に木・布・金属・プラスチック・発泡スチロールetc.幅広い 材質に着色することができ、乾くと耐水性になる点で、ここが水彩絵の具と大きくちがうところです。 また、各種メジュウムとの併用により、多彩な技法が使えます。

アクリルカラーの特長は、透明調で乾くと艶があり、油絵の具のような力強い表現が水彩絵の具を使う 手軽さで楽しむことができることです。 一方、アクリルガッシュの特長はポスターカラーのように不透明調で乾くと均一な艶消しになります。

アクリル絵の具を扱うにあたっての注意点は、乾くと耐水性になりますので、絵の具が付いたパレット、 筆などは長時間放置せずにこまめに洗うようにしてください。 また、衣服などについた場合は、すぐに洗ってください。

アクリルカラーとアクリルガッシュの違い

特性シート

アクリル絵の具は、大きく分けると透明調のアクリルカラーと不透明調のアクリルガッシュとがあります。

共通の特長としては、接着力が強く、紙以外に木・布・金属・プラスチック・発泡スチロールetc.幅広い 材質に着色することができ、乾くと耐水性になる点で、ここが水彩絵の具と大きくちがうところです。 また、各種メジュウムとの併用により、多彩な技法が使えます。

アクリルカラーの特長は、透明調で乾くと艶があり、油絵の具のような力強い表現が水彩絵の具を使う 手軽さで楽しむことができることです。 一方、アクリルガッシュの特長はポスターカラーのように不透明調で乾くと均一な艶消しになります。
アクリル絵の具を扱うにあたっての注意点は、乾くと耐水性になりますので、絵の具が付いたパレット、 筆などは長時間放置せずにこまめに洗うようにしてください。 また、衣服などについた場合は、すぐに洗ってください。


水溶性版画絵の具と油性版画絵の具の違い

水溶性版画絵の具の特徴
(※版画絵具水性ではありません)

水溶性であるため、道具などの汚れを水で洗い落とすことができます。水溶性であるが乾くと水に溶けにくくなります。

油性版画絵の具の特徴

耐光性、保存性に優れる。
凸版、凹版、平版、孔版に適しています。

画筆 馬毛画筆、豚毛画筆、セブロン®について

馬毛画筆

絵の具の含みが良く、穂先のまとまりも良い標準的な軟毛を使用した画筆です。
水彩画、油彩画、日本画と幅広く使用されています。

豚毛画筆

硬くてコシがあり、耐久性のある剛毛を使用した画筆です。
絵の具を厚く塗ったり、かすらせたり、筆跡を残したりという表現が可能です。
主に油彩画に使用されています。

セブロン®

セブロンは、弊社が開発した合成繊維製の毛を使用した画筆です。 絵の具の含みが良く、耐久性があり、使用後の手入れも容易なため、広く普及しています。 水彩絵の具、ポスターカラー、アクリル絵の具などさまざまな絵の具に適しています。 「セブロン」の名称は、セーブル(テン)毛の感触の画筆という意味をこめてネーミングされています。

※「セブロン」は株式会社サクラクレパスの登録商標です。

  • 「小学生」が楽しむサクラ
  • 「中学生」が楽しむサクラ
  • 「大人」が楽しむサクラ
  • 「先生」のためのページ
  • 大人の塗り絵
  • サクラアートミュージアム

サクラクレパス公式Facebookページ

SAKURA craft.lab


ページの先頭に戻る