株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口
サインペンインキ分離:黒色サインペンの筆跡をよーく見てみてください。赤色っぽい黒色があったり、青色っぽい黒色があったりと同じ黒でもペンの種類やメーカーによってさまざまな黒があります。じつはただの黒色に見えるインキでもさまざまな色を混ぜて作られているのです。
どうして色を混ぜているかというと、紙の表面のデコボコやインキの吸収性によって、黒色だけだったら薄いスミ色っぽくなってしまいます。そこで青色や赤色を混ぜて、メーカー独自の黒色を出しているのです。
では、実際に実験してみましょう♪
準備するもの:黒色の水性サインペン(水性染料と書かれたもの)、ろ紙またはキッチンペーパーなど水を良く吸う紙、割り箸、透明なコップと水
方法

1.ろ紙またはキッチンペーパーなど水を良く吸う紙をコップに合った大きさに切ります。
2.切った紙の下から2〜3cmのところにサインペンで丸印を書きます。
3.その紙を割り箸などに挟んだり貼り付けたりします。
4.透明なコップに水を入れ、そこに丸印を書いた紙の先の方だけをつけます。
5.水がしみこんでくると、インキがにじみはじめます。
6.そのまま観察していると、色が何色かに分かれていくのが見られます。

今回は3本のペンを用意して実験してみました。結果はご覧の通り。はじめは真っ黒な点だったものが、だんだん青色、黄色や赤色にわかれました。同じ黒でもペンによって色々な色が混ぜられていることがわかりました。
この方法はペーパークロマトグラフィーといって、水がインキを溶かしながらしみこむ時の、各色の溶けやすさ・流れやすさの差で分離されます。黒以外の色も何色か混ぜて作られています。染料は水に溶けやすいので色を混ぜてたくさんの色をつくれるのです。同じ方法でインキの分離実験をしてみるとおもしろいですよ。
もしも水につけてもにじまない、色が分かれないならそのペンは顔料インキかもしれません。顔料は水に溶けないので、にじみにくいのがとくちょうです。はがきの宛名などにじんでは困る場合には顔料インキのペン、たくさんの色を使ってカラフルにしたい場合は染料インキのペンと使い分けるとよいでしょう。
過去の記事を読む
  Vol.03 消しゴムの起源と歴史 Vol.02 サインペンインキ分離  
   
Vol.01 チューブについて調べてみよう  
  • 小学生が楽しむサクラ
  • 中高生が楽しむサクラ
  • 大人が楽しむサクラ
  • 先生のためのページ
ページの先頭に戻る