株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口

小学校の先生方へ —日々の授業に役立つ情報満載—

版画

版画

版画の基本

彫刻刀の種類
彫刻刀の種類
彫刻刀の種類

彫刻刀の使い方

丸刀、三角刀、平刀の持ち方は親指と中指と人差し指で持ち、片手の指を添えて彫ります。 手首を板につけ、刀が走り過ぎないようにします。使わない両手の指で板を押さえられるように慣れさせます。 そして、版木にしっかり突き刺し前のほうにすくい上げるように彫り進みます。

彫刻刀の使い方01

切り出しは、押す方法と引く方法の二種類の切り方があります。

  1. 切り出し刀の柄を鉛筆持ちして、切る線に沿って刃先を斜めに突き刺し、片手の親指を押すようにして両手で切ります。
  2. 板を回して、反対側から、切り出した線の深さに届くように見当をつけて刀を入れます。やはり両手で右へ切り込み、V字型の溝に切り出します。

彫刻刀の使い方02

  1. 刀を手前に向けて刀をしっかりと握ります。柄を傾けて、刀を斜めに突き刺すようにして、手前に引いて切ります。手首を板につけて静かに引くと、手元が狂わず形に沿って切れます。
  2. 板を回して切った線に向かって外側から刀を入れ、V字型の溝をつくるように切ります。始めは必ず切り出す線や形の側から外へ向けて切るようにします。

彫刻刀の使い方03

注意!

単色木版画

準備するもの
彫刻刀
水溶性版画絵の具
版画作業版
版木
鉛筆
トレーシングペーパー
カーボン紙
版画用紙
見当紙
墨汁
バレン
練り板
ゴムローラー
ベビーパウダー

下絵と写し取り

下絵と写し取り01

1.下絵をトレーシングペーパーに写し取り、

下絵と写し取り02

2.裏返してカーボンペーパーで版木に描きます。

下絵と写し取り03

3.彫り跡を目立たせるため、版木に薄めた墨汁を塗ります。

彫りと掃除

彫りと掃除01

4.彫刻刀を使い分けて掘り進み

彫りと掃除02

5.彫り終わったときに削りカスをタワシで取り除きます。

刷り

刷り01

6.練り板の上側に水溶性版画絵の具を出し、

刷り02

7.ゴムローラーは「行きは電車、帰りは飛行機」の一方通行に使い、絵の具を薄く延ばしローラーにムラなくつけます。

刷り03

8.縦、横にローラーを何度も転がして、絵の具をムラなく均一につけます。絵の具が多すぎる場合は、新聞紙の上でローラーを転がして余分な絵の具をとって調整しましょう。

刷り04

9.見当紙を合わせて版木を置き、

刷り05

10.その上に刷り紙をのせます。紙の中心に片手を置いて紙を押さえ、もう一方の手でバレンを握り、中心から空気を抜くように刷り写し取っていきます。

完成

掃除と後片付け

掃除と後片付け01

11.道具を水洗いし、

掃除と後片付け02

12.ゴムローラーにはベビーパウダーをはたきます。

単色木版画

準備するもの
彫刻刀
水彩絵の具
ポスターカラー
画筆
パレット
版木
版画作業版
鉛筆
トレーシングペーパー
カーボン紙
画用紙
バレン
セロハンテープ

1.下絵と写し取り~ 2.彫りと掃除までは単色木版画と同じ行程です。

刷り

刷り01

彫り終わった版木の裏面にセロハンテープで画用紙の端を留め、何度めくってもずれないようにします。 ここで画用紙がずれると画がずれてしまうので注意してください。ベースになる色を版木に筆で塗り、画用紙を被せ、バレンで擦り写します。

刷り02

版木に部分的に色を付けて画用紙に写し取っていきます。
濃くしたい部分は繰り返し何度でも作業を行ってください。

完成

戻る

描画・造形活動に役立つ書籍多数発刊中!!

わかりやすい小学校そろばん

コルサポート

  • 小学生が楽しむサクラ
  • 中高生が楽しむサクラ
  • 大人が楽しむサクラ
  • 先生のためのページ
ページの先頭に戻る