株式会社サクラクレパス

ヘッダーナビゲーション

  • 採用情報
  • English
  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

グローバルナビゲーション

  • 商品紹介
  • イベント紹介
  • みんなの展覧会
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お客様相談窓口

小学校の先生方へ —日々の授業に役立つ情報満載—

コラム 外国語活動教育について

vol05.大丈夫!外国語活動を始めましょう -管理職として思うこと-

5年前のことである。市教育委員会から外国語活動の研究指定を受けた校長の私は、担任の先生方と外国語活動について個別に話した。「英語の発音も十分でなく不安です」50代の先生は、開口一番答えられた。また、別の40代の先生は、「どんな教材で授業すればよいかが悩みです」と。多くの先生方は、外国語活動の不安や悩みを抱いていた。また、保護者からは、「校長先生、英語の研究校だそうですね。全学年で英語に取り組まれるのでしょう。うちの子もどんどん英語が話せるようになると思うと楽しみですね。」と大きな期待(誤解?)の声が寄せられた。

不安の中で指定校として出発し、できることから取り組み始めた。それから3年後の発表会では、あの不安や悩みを話されていた先生方を始めとして、どのクラスの担任も笑顔で子どもと楽しく外国語活動の授業を公開されていた。保護者も、スタッフとして気持ちよく発表会の運営に協力いただいた。

この間にたくさんのドラマが生まれた。放課後、職員室である先生が、外国語活動の教材作りに汗を流していた。すると、教室から戻った他の学年の先生が、一緒に教材作りの手伝いをした。話し合いながら作業する中でいろいろなアイデアが出され、新たな教材が生まれた。このような光景を目にすることが多くなり、外国語活動に取り組むことで、職員の協働化が進んだ。

「担任は英語の発音のモデルではなく、英語を使おうとするモデルです」、研修会の講師のお話で、気持ちを切り替えた先生は、子どもの気持ちに寄り添いながら授業に臨むようになった。このことは、他の授業でも広がった。外国語活動に取り組むことで、日々の授業が変わった。

「校長先生、外国語活動で子どもの人間関係が良くなりました。」うれしい報告を受けた。外国語活動のねらいは、コミュニケーション能力の素地を養うことである。子どもが簡単な英語を通して、一生懸命に自分の思い・願いを相手に伝えようとする。そして、相手のことを何とか理解しようとする。この姿の中に、子ども同士の人間関係が少しずつ深まっていくのだと感じた。確かに1年生の時に、落ち着かなかったクラスが、6年生の今では、仲の良い、他の学年の模範となる子どもに変容した。外国語活動以外でも、人間関係づくりの取り組みに工夫が生まれた。外国語活動に取り組むことで、学級経営が変わった。

ある日、ALTが来校したが元気がなかった(本市では、ALTは1名しかいないので、年に数回しか授業には入らない。ほとんどが学級担任中心の外国語活動である)。理由を尋ねると、出身国にいる母親が病気でとても心配であるとのこと。そのことを聞いた3年生の担任が、子どもたちや他の先生たちに千羽鶴をつくろうと提案し、全校で回復を願いながら鶴を折った。できあがった千羽鶴を年末に帰国するALTに、3年生の子どもと担任が代表で渡すことになった。知っている単語(“Mother”“Happy”等)でたどたどしくALTに話しかけた瞬間、ALTは、ぽろぽろと涙を流し始めた。そして、声にならない声で“Thank you.”“Thank you.”と感謝の言葉を繰り返した。十分な英語表現ではなかったが、思いは通じた。人の思いは国を超えるのだと、横にいた私はもらい泣きをしながら実感した。

学校教育で新しい事に挑むとき、未知なるものへの不安や悩みから誰しもが避けられない。だからこそ、全教職員の協働体制を生かし、一人一人の先生方へ励ましを送ることが校長の役目だと思った。「英語ノート」には付属の発音用CDや音声や動画も含んだ電子黒板用ソフトがある。外国語活動に関する市販の教材・教具も充実してきた。条件整備に努めることも大切だ。また、保護者に対して丁寧に説明する必要があり、外国語活動に対する誤解を取り除き、理解と協力していただくことが大切である。

今後も、子どもが英語嫌いにならないで、もっと英語を勉強したいと思うよう、小学校の外国語活動の役割を自覚して、中学校との連携を進めていきたい。小さな学校でも外国語活動を少しずつ進めることができた。大丈夫!外国語活動を始めましょう。

—

安田 昌則(やすだ まさのり)
大牟田市教育委員会 指導室長
1954年福岡県大牟田市生まれ。久留米市立小学校教諭、大牟田市立小学校教諭、 福岡県教育庁南筑後教育事務所指導主事、大牟田市指導主事から教頭を経て、大牟田市立明治小学校校長。そこで外国語活動の研究指定校として研究に取り組む。現在は、大牟田市の外国語活動を含め、教育全般を担当。

安田 昌則(やすだ まさのり)

戻る

描画・造形活動に役立つ書籍多数発刊中!!

わかりやすい小学校そろばん

コルサポート

  • 小学生が楽しむサクラ
  • 中高生が楽しむサクラ
  • 大人が楽しむサクラ
  • 先生のためのページ
ページの先頭に戻る